クドカン大河の主役で箱根駅伝の父、金栗四三「消えたオリンピック走者」


日本初のオリンピック選手(マラソン)
2019年大河ドラマ「いだてん」の登場人物(監督は宮藤官九郎)
グリコの箱のランナーのモデル(諸説あり)
金栗四三の生涯を語る一冊。(名字の読み方、カナグリ、カネクリ説等あり)



1912年ストックホルム五輪に、短距離の三島弥彦とともに出場した日本初のオリンピック選手。
また、日本で初めて世界の壁を知って絶望した選手。

世界の舞台で大和魂を見せつけてやるつもりが、国の支援を受けている欧米選手と違って、宿泊施設がない。競技場までタクシーがつかまらない。用意してきた足袋は、硬い舗装道路に耐えられず穴があいた。
最終的にレース中に気を失った金栗は、棄権の手続きをしないで帰国してしまい、記録上は50年以上走り続けている「消えた日本人」として現地の有名人になってしまった。

帰国後「根性無し」と罵られつつ、4年後に向けて涙ぐましい努力を始めたが、25歳で参加するはずだったベルリンオリンピックは、世界大戦で中止。
敗北すら許されなくなった金栗は、日本でスポーツイベントを開催して、次世代の日本人に走ることの楽しさを伝えることに決める。


当時の日本人にとって走ることは鍛錬で、わざわざ趣味で走る人はいなかった。
欧米人は楽しむために走る。女子もショートパンツ姿でスポーツをする。

ストックホルム五輪の惨敗で道ばたに倒れこみながらも、
日本は世界に遅れをとっている、スポーツは楽しくて、感動を与えるものだと感じることから始めなくてはならない、と。
その思いだけはストックホルムから持ち帰ってきた。


そして思いついたのが、壮大な風景の中をタスキで繋ぐ「アメリカ横断駅伝」。
この偉業を達成したら、日本中が感動し、走ることに興味を持つに違いない!
いっぺん海外で大失敗したのに、こりずにもっと無茶な計画を立てている。
今でいえば新庄剛志やアントニオ猪木のような、
「ちょっとぶっとんでるけど、何か面白いことをやらかしてくれる人」だったのだろう。

年齢とともに、選手としては衰えても、日本に長距離走が根付いたら、やがて自分の思いを受け継いだ日本人が、オリンピックで勝てるようになるかもしれない。

アメリカ駅伝はさすがにスポンサーがつかなかったが、国内で、ロッキー山脈のように険しく、風光明媚なコースを検討した。
候補地のひとつが箱根。

初のオリンピックで敗退した悔しさが、ずっと繋がって、現在につながるイベントの形になっていく。
第1回箱根駅伝の号砲を鳴らしたのが、金栗四三だった。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

作者の方が研究をするうちに元気がうつってしまい、ランニングシューズを買ってしまう展開にちょっと笑みが。

火薬の量を間違えてるアクションゲーム、PS4DLソフト「ネクスマキナ」

見た目は地味だが、破壊と発見の快感にすべてぶち込んだ会心のアクション・シューティング「ネクスマキナ」がセール中。
ネクスマキナ情報ページ

DSC00194.jpg

主人公はちっちゃくてほぼ見えない。ストーリーは一切説明がない。
左スティックで移動。
右スティックの方向に弾を打つ。

ワラワラ湧いてくる敵の攻撃はやたら激しく、こっちの攻撃はもっと激しい。
敵倒した!はい次!人を助けた!よかった!敵倒した!次!
何回もプレイすると、いろんな所の隠しキャラや武器の性質がわかってくる。
余計なことはいっさい語らずにバンバン敵を撃ちまくる。
とにかく色と光が激しすぎて何がなにやらなので、オプションで色を調整して、難易度は一番やさしいとこから始めて、目をゲームに慣らせばいいだろ!という大胆設計。昔のブラウン管を再現したモードもある。

ひたすら物量で押してくる敵たち。なんか作りが雑だ。
わざとやっているゲーム全体の「だっせえ感じ」。
自分たちが好きだった、80~90年代っぽい、単純明快で、バンバン壊すゲーム。あの感じをもう一度!と思って作ってる。

そこらへんの壁を撃つ。隠しキャラ出る。「隠しキャラ」って言葉自体が死語みたいだけど、繰り返すごとに敵の行動パターンが読めてくる。
一見雑なゲームだけど、クリアするには緻密な操作が必要なのがわかってくる。

DSC00193.jpg
死んだら唐突に出てくる謎のメッセージ。


DSC00191.jpg
巨大ボスは「どくろ弾」を撃ってくる。

「どくろ弾」ってすごく古さを感じませんか。なんでそれまで銃弾でやりあってたのに、ボス全員、攻撃にどくろ弾が含まれてるんだ。

DSC00192.jpg

バーーーーン!!と爆発四散するボス。2Dアクション史上まれに見る壮絶な爆破。
敵を倒したんだから、その瞬間は派手なほど気持ちいいに決まってる!
動画をアップロードしようとしたら画面が細かすぎてエラーが出た。やりすぎ!

「LIMBO」「ICO」など、言葉を省いたアート的なゲームがある。
逆に、バイオレンスに徹したゲームもある。
ネクスマキナはどっちでもない。
「俺たちが子供のころ夢中だったゲームってどんな感じだったっけ」
と考えたらこうなった。
これが俺たちの原風景。俺たちはこんなゲームが好きだ!と、画面からビームのように放たれた思いに胸を貫かれバッタリ逝った。




にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

忙しい生活が、文化を遠ざける


忙しいと、本や映画が面倒になる。
身なりにも気を使わなくなるし、酒は飲まないけどコーラとお菓子がとにかく欲しくなるし、メシも一気に食うし、休日に寝ちゃうし、「文化」が遠ざかっていく。

年始まではつまらん用事がいっぱいで、何も発信できない自分にストレスがたまって更に人生を楽しめないという悪循環。
もうちょい待って下され…!



お笑いが話題になっています。
来年は大みそか特番にTHE MANZAIとかやってくれるかもと期待しています。格闘技ばかりってのもね。

ウーマンラッシュアワーの漫才は凄かったけど、全く無名時代に島田紳助だけが「あれは天才だ」って言い出したのが凄い。
「自分の後継者はくりぃむ上田」とも、かなり前から言っていた。
あれは何だったんだろう。何でわかったんだろう。

芸人つながりで。
ホーキング青山「考える障害者」が超良かった。
「大家さんと僕」くらい売れちゃう!と思ったんだけど、タイトルが重いかな。




両手両足の使えない芸人である作者の本音トーク。ビシビシ気持ちよくて元気がでた。

同じ障害者から「障害は個性です」という言葉がでる。
いいや、障害なんか病気や事故の後遺症だ。俺は治したい。
よだれも拭けない、排せつも手伝ってもらわないといけない。子供のころは障害も健常者もなく遊んでいたけど、その友達と分かれて、自分だけ障害者の集まる学校に通った。
昔の友達が彼女を作っているあいだ、俺がどんな気持ちだったか。
この障害を「個性です」で片づけてたまるか。

言葉に実感があるし、舞台では意識的に毒を強めにするらしいけど、言葉は直球。
みんなが思うけど声には出せないことを代弁するのだ。
特別な道具を使って清掃活動に参加した乙武くんを「邪魔」と言ったのは直球すぎて噴き出した。




何か生活を変えるために、そろそろ「すまほ」なるものを買おうかと思うんですが、
何年もケータイを緊急連絡用としてしか使ってない自分はカタログ観ただけで戸惑っています。
みなさん、スマホ、どうですか。便利ですか。いくらぐらい費用かかってますか。

ソニーのスマブラに出てた「あいつ」こと「メディーバル」4Kリマスターで復活!


海外でPS4版「メディーバル」が発表されたそうです。

ちょっと前にPSオールスターズってゲームがあったのを覚えていますか。(私は忘れていました)
ソニー版スマブラ、なんて失笑気味に迎えられたあれ。評判は悪くなかった。

「PSオールスターズ」のキャラクターは正に世界規模で見ればミリオンクラス揃いのスターたちなんだけど、その中に何人か日本人ゲーマーには馴染みのないやつがいて、日本受け第一のスマブラとはまた違う味があるわけ。

これがキャラクター一覧なんですが、
キャラクター紹介
この中の「ダニエル・フォーテクス」が出てくるゲームがメディーバル。


90年代。懐かしきあの時代。初代プレステですよ。
日本人ゲーマーの多くが「和ゲー」「洋ゲー」をはっきり区別して、ゲームはわが国のもんが一番じゃ、と思っていたころ。
メディーバルはひっそりと発売されるが、たいして注目されず、のちのシリーズは日本発売自体が見送られた。
そんなタイトル、いくつもあった気がするな…。

「トゥームレイダー」だって初期はそんな感じだった。欧米で大ヒットしても「ムズイ」「不親切」「女の子がかわいくない」って。
今じゃ信じられないけど、任天堂やスクウェアのゲームをやらずにわざわざ「洋ゲー」に手を出すなんて、ちょっと変わってる奴、ディープなゲームファンのやることだった。



むしろ今こそやってみたい。今のほうが味がわかる気がする。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

newみんゴルをひろった!

もぐらゲームスでフリーゲーム紹介などを書いている、ロッズさんからゲームをいただきました。

ご存じ「NEWみんなのGOLF」
PS4プロを買うと付いてくるキャンペーン中だったので、ソフトをもう持ってるロッズさんが突然ツイッター上にダウンロードコードの紙を落っことしたのだ。

それをササーッと僕が拾った。

ありがとうございます。その節は。

ほとんどシリーズ初プレイだけど、進化が行き詰っていたシリーズとは聞いていた。
そこから一皮剥けて、オンライン専用のゲームになった。一人も楽しいが、ゴルフ場という広場でチャットしたり、シンプルに遊んだり。自分好みのキャラを作って、気持ちいいフィールドで走ったり、池を泳いだり。なんとゴルフもできる。

オープンワールドでスノボやるSTEEPも良かったけど、もっと分かりやすくて、気持ちがいいゲームになっていた。
カップインすると手元のスピーカーから、コンカロンと軽快な音がなる。

STEEPとみんゴルは、元のスポーツとの相性もいい。
スキーやゴルフは(プロでもない限り)周りと会話しながら、ときに真剣にやるスポーツだ。

ネットに繋いで、家族や友達以外の「みんな」とも遊べるようになって、本来そのスポーツが持っていた豊かさに近づいた。



にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

カラテカ矢部、「大家さんと僕」で第二の有吉になる

「電波少年」の呪縛を断った!
お笑いコンビ「カラテカ」矢部太郎が出版した「大家さんと僕」が売れている。



住んでいたマンションを追い出された「イマイチな芸人」矢部は、不動産屋で珍しい物件を紹介される。
新居は一戸建ての2階。下の階には87歳の大家さんが住んでいる。
「大家さんは素敵な方ですよ」

上品なおばあ様と、一つ屋根の下で生活が始まる。
家に戻れば、干していた洗濯物がきれいに畳まれている。
電気をつけたら「おかえりなさい」と電話がかかる。

戦時中の苦労話にしんみりして、ほうじ茶を飲んで、初恋の人の思い出を聞いて、二人で血圧を測る。
お笑いライブやゴールデンの時間帯向けの笑いではない。
ささいな出来事。ちょっとした笑い。

「大ヒット中!泣ける!」
と紹介されていて不安になった。そういうのじゃない。
わかりやすいドラマチックな事は起こらない。だからこそ、読者が自分の状況と重ね合わせやすい。
みんな大家さんに自らの亡き祖母を重ねたり、普段は会話のない家族それぞれに過去があることを思う。

もうひとつ、本作に漂うのは「別れの雰囲気」。
冒頭の不動産屋での会話「高齢なのでよろしくお願いします」の時点から、読者はいつか来る「その日」を意識してしまう。
「いつか別れがあるから、なんでもない日々が大切だ」
なんてありきたりな一言にまとめず、ただ平穏な日々を描いた。押しつけがましくない漫画。上品。
他の登場人物たちも、矢部をいじったり、遺産がどうこう言ってからかうけど、本当に人を傷つけることは言わない。


パラパラマンガで成功した「鉄拳」みたいだけど(そういえばカラテカもゲーム名が元ネタだ)
「電波少年」から苦労して開花した点では、第二の有吉弘行かもしれない。

有吉がひとつの番組に人生めちゃくちゃにされ、究極の一発屋として馬鹿にされ、這いずり回っていたからこそ、器用な成功者、品川祐への「おしゃべりクソ野郎」は衝撃だった。

矢部もかつて「電波少年」で、アフリカの部族の言葉を学習して漫才をする企画に参加した。
有吉ほどじゃないが一度有名になってからの、長い長い低迷期。
「お笑い向いてないのかも」
と自問自答して、作中でもスベりまくる。正直、向いてるように見えない。細すぎて、体を張った企画をやるとイジメに見える。

40近くまで頑張っても一向に芽が出ない人生に、そろそろ絶望してもおかしくないのに、まだこんな優しいものを描ける。
苦労があった大家さんも、矢部太郎も、優しいままで生きていける。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「電波少年」出演者の出川、松村らは日常的に不良にからまれて暴行されていた。
後継者に近いのは安田大サーカスのクロちゃん。

M-1グランプリ2017観た後の深夜の殴り書き

「大家さんと僕」の感想がまとまらないまま時間がすぎてしまいました。
「泣いた」と言ってる人は多いのに、具体的に泣いたポイントを誰も書いてないところに、この凄さの秘密がある気がする。

M-1グランプリ2017も観ました。
今年は全員負けてない凄い年。
毎回この手のお笑い賞レース観るとわけのわからん衝動に突き動かされて頭をかきむしったり外を走りたくなるんですが、これは、なんだ、あの、嫉妬しているんですか、俺は。

知らない人が4分ほど話すだけで皆に「話を理解していないはずの子供が笑った」「なぜか笑いながら泣いた」と言わせてしまう人たちの努力と才能に。
形のない芸術に生きる人たちの凄さに。

「なんとなくありきたりな仕事より、歌とかスポーツとか執筆とか話芸とかで生活してる人の方がかっこいい」
という感覚を捨てきれない。
ジャルジャルが凄かったなあ。麒麟や笑い飯の初登場や、ノーマークのアルコ&ピースの「忍者」並み。

それぞれの信じる面白さがバチッ!っとぶつかる瞬間に興奮する。
俺も何かやらなきゃ!文章で生活することに憧れてたはずじゃねえかよ!なんで忙しさを言い訳にして寝てんだ!と刺激を受ける。受けられる青さが自分に残っていたことを嬉しく思う。

その衝動を誰かと共有したいのに、上沼恵美子がどうこうとか、わざわざ苦労して捻くれた見方をしている奴は馬鹿なのか。
あと、「あいのり」のでっぱりん号泣事件、そもそもヤラセ論がどうのこうの~、のレベルで止まってる奴は、人間として進化をやめてしまったのか。

ジャルジャル命の人のツイートを眺めてたら、結果が出てさんざん泣いたあと、
審査のレベルが追い付いてないことを証明できたから、これでよかった、と納得していた。
次世代のダウンタウンになるのかな。

M-1はYOUTUBEで勝手に切り売り配信されています。
が、あそこに至るまでのルールと、今の漫才の型があんなんじゃないこと、1回でも噛んだらアウトなネタをやったことも含めてなので、えっと、あれは炭酸の抜けたコーラみたいなもんです。

よくわからん。寝る。

「STEEP」は自由。

STEEPというウインタースポーツのゲームがある。



一見、普通にスノボのゲームに見えたけど、これが「山脈まるごとオープンワールド」で、
好きなスポットを見つけて滑るだけじゃなく、パラグライダーで景色を眺めたり、危険なトライで有名になってゲーム内でレッドブルのスポンサーになったりできる。

あと雪山を歩いたり。
「眠ったらだめだ!まだ助かる!まだ助かる!」と遭難コントをしたりね。
ネット接続前提のゲームだから、あちらこちら見て回ると、世界のみんなが難所の崖に飛び込んでは事故ってるのが見える。


決められたコースで速さを競うだけじゃなくて、
いっしょに滑ってる人の姿が見えたり、同じグループに誘われたり。
その体験ぜんぶで「スキー場再現ゲーム」になっている。


スキー場じゃないけど。

体験版だとその豊かさを味わえず、
「今さら実写みたいな山々を見せられても驚けない」
と、「飽食の時代の子」みたいなこと思ったんだけど、どうしてどうして。さすがUBIソフトさんすげえ。

そもそも他人を倒したり、友達を作ることに喜びを感じないんだと思ってたけど、
さては最新作がオンライン必須になった「みんゴル」や「グランツーリスモ」も
あれは…さては面白いんじゃないか。(今さら)

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

NETFLIX「あいのり」メンバー激怒事件。正論だからこそつらいときがある


真実の愛を見つけるどころか、MCが(というかオードリー若林が)もう恋とかいいわ…と言い出す始末のネトフリ版あいのり。

恋愛要素よりも、最新回のメンバーブチ切れ事件に感動してしまった。
すごいな。あいのり。迫力で言ったら極道映画並み。こんな番組だったのか。
恋する十代より、大人のほうが感情移入できると思う。

説明すると、
「合コン旅行をしていた男女が、遅刻してスタッフに叱らて逆ギレ」
と、割とどうしようもない感じになるんだけど。



慣れないアジア旅行とスタッフの近さに、女性陣は何度か体調を崩したり、ストレスがたまってる状況だった。
カメラに常に撮られることを承諾して応募したけど、その重圧は思った以上だった。

そんな中、酒に酔ったあげくバスを待たせてしまう。
地元の運転手さんは、日本ほど時間厳守の感覚がないから、謝ったらすぐに「いいよいいよ」とにこやかな様子。


だけどそのあとに、番組のディレクターが説教したことに、女性メンバーの一人の「でっぱりん」、ちょっと出っ歯の九州の子が抗議する。
たしかにこちらが悪かったけど、そんな言われ方はない、常に撮影されて辛い、恋愛しろと言われても無理です、と涙をこらえてスタッフに言う。

言い分としてはスタッフが正しいんだけど、自分で応募したけどできなかったことは、誰にだってある。
学校を退学した。病気で休職した。離婚した。
それを大丈夫だった人に、
「弱い」「逃げてる」「甘えだ」と言われるのが一番つらい。

だけど、スタッフに抗議するでっぱりんに対して、ストレスを感じてなさそうな男性メンバーは
「撮られるのわかって応募したわけだから、甘えだと思う」
って言っちゃう。
「甘え」ってフレーズが出た瞬間、あっ、それはダメ、って思ったけど、それで火がついてしまう。

その後の「でっぱりん」のキレ方たるや、九州以外の人が勝手に想像する「気の強い九州女」の180パーセント増しぐらい。
その必死さを、じっと観ていた。
上に従ってヘコヘコしたり、陰口で終わらせるんじゃなくて、芯がある人だから怒っているんだ!
と謎の感動があったんだけど、視聴者目線だから、この流れはいくらキレてもどうしようもないのがわかってしまう。


「撮影されるのがつらい」
と女子同士で言ってたはずなのに、味方だったはずの女の子も引っ込んじゃって、気が付けば、でっぱりん一人でブチ切れてる状況。
男性側からは後ろにひっこんじゃった子のほうが可愛く見えてしまう。
何にも得がない、勝ち目もない、八方ふさがり。方言丸出しの怒声が響いて、なんか、「正しさだけじゃねえだろ!」って同調したくなる。


男性メンバーも悪いわけじゃないんだけどねー。
というか、いい子すぎ。
「異国でも時間厳守かよ。この番組スタッフはサラリーマン根性抜けてねーな!」
ぐらいに一緒に怒ってくれる人がいれば惨状は防げたかもしれない。
(と、年齢的にはスタッフ側に近いかもしれない俺は思った。)


男性メンバーはみんな快活。
だけど一人だけ、友達ゼロ人、ネットラジオをやっているシャイボーイさんって人がいる。
イロモノ枠のシャイさん、常に挙動不審だけどなんか独自の視点で発言してくれたりしないか。
一発逆転で誰かのハートを射止めることができたら、それは世界に夢と希望をもたらすことになるのだが。


新作アニメに備えて
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

思うように動かせんぞ系アクションの新鋭「スプラッシャー」お薦めとバグの話


PS4ダウンロードソフト「スプラッシャー」をクリアした!
ちょっと珍しい操作感覚と快感があるゲームで、お気に入りだったんだけど、最後の最後の、クリアだー!!って、一番出ちゃいけない場面でのフリーズ報告が自分以外にもあって…。うーん。
(自分は2度目は何事もなく通過)

何でもアプデしろアプデしろ言う人、超嫌いだけどこれに関してはレイニーフロッグさん!
他のゲームがセール中で皆が気を取られている今のうちにアプデしろ!アプデしろ!


昔から感づいてはいたのだ。
アクションゲームは主人公を動かしやすいやつと、動かしにくいやつがある。
だけど、「動かしにくいやつ」の中には、わざと動かしにくくなっていて、慣れるほど、キャラと自分が一体化したような上達の快感があるのもある。

「スプラッシャー」は特殊なインクを発射して駆け抜ける横スクロールアクション。

粘着力を持ち、塗った部分を走れる「赤インク」

踏み入れるとバウンドして大ジャンプ「黄インク」

それぞれを洗い流し、攻撃にも使える「水」

の3種類を地形にあわせて撃ちながら走り続ける。
DSC00188.jpg
つまりこの絵ができること全部。


赤インクを塗って壁を走りながら、足元に黄色を塗って逆サイドに大ジャンプ!
テクニカルに即死トラップをかいくぐって進める。

DSC00187.jpg

ぶつかる壁に、先に赤インクを塗って接着するとか。
足元に黄色インクを塗っておいて、そこに踏み込むことで大ジャンプとか。
いろいろ横スクロールアクションをやってるけど、ちょっと味わったことのない操作感と歯ごたえ。
スティックを倒す角度、移動ルートを見極めて、自分のプレイを改良し改良し…落ちて死んでまた走って…ストレスをたっぷりためさせてから、気持ちいい場面はとことん気持ちよくなっていて相殺。

めったに敵が出ない構成なのに、敵を連続で倒したときや特定の場所の足音とか手がこんでる。
水中に落ちちゃう!って直前で水中からリフトがバシャアッと持ち上がって助かる場面とか、ほんのちょっとした演出の気持ち良さ。


後半では、センサーがはられた場所に入ると
「ピ。」
って音がして、2秒ほどじっとしたままだと爆殺という、容赦ないトラップが登場して心を折りにくるんだけど、

DSC00185.jpg
縦にはった水色のセンサー上で立ち止まると即死!

何本センサーが張られていても、立ち止まらずに通り抜ければ大丈夫だから、
センサーがはりめぐらされた場所を走り抜けると、
「ピピピピピっ」
と感知した音だけが鳴る。
ギターの弦をポロロロロンと鳴らしたみたいに、気持ちよく無傷で通過。
即死トラップミュージック!

人を選ぶけど面白いアイデア詰め込んでるなあ、と感心したので、クセモノアクション好きは
「スプラッシャー」!このタイトルを覚えていて損はないぞ多分。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
↑