今さらブレイキング・バッドにドハマリして抜け出せず。

海外ドラマの中でも「宿命の大統領」と並ぶお気に入りになった。他のにいろいろ手を出しても結局戻ってきちゃう。
今シーズン2終盤。

余命わずかになって、ドラッグ精製で家族に資産を残そうとする教師と、巻き込まれた生徒。
さらに人気キャラらしい、うさんくさい弁護士も登場。
(こいつのスピンオフ作品もあるそうだ)

ヤク中の悲惨な奴ばかりが登場して、アメリカで生活することの大変さも描いているのに、
悩んでる時間が少ない。
泣きながら「どうしてこんなことに・・・」って逆境に追い詰められては
「この状況なら、こうするしかねえ!」
と、すぐに行動。盗み、殺人。どんどん戻れないことになっていく二人だけど、根底には良心がある。


ボロボロのヤク中夫婦から金を取り立てないといけないエピソードは悲惨、悲惨。そりゃもう悲惨、のち爆笑。
ゴミ屋敷で廃人のようになったダンナが
「もう金は用意できた~」
って、出してきたのが、丸ごと強奪してきたATM!

これを破壊すればすぐにでも金を返せるでしょ、
と、ヤク中でボロボロのオヤジがATMをぽこぽこ殴るんだけど、一行に壊れない。
「ちょっとヤクさえあれば力が出てくるんだけどな~」とか、ボロボロの肌で言っている。
この悲惨な絵面! 正常な思考回路を失った人ばかり集まる。「悲惨」の何乗だ!

だけど、そこにいた子供だけは抜け出せるようなシーンもある。
えげつない暴力もあるけど、スタッフにちゃんと良心があるから観ていられる。

現実が悲惨なのは当たり前。
くさってる暇があるなら、もがいてサバイヴするのが当たり前。
もがき続ければ、たま~に助けてくれる人もいる。ジョークで笑える時間もある。
いきなり能天気な歌にのせて「これまでのあらすじ」を振り返ったり、大胆に視聴者をおちょくってくれる笑いも実に自分好み。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

島本和彦×ジャニーズWESTで「炎の転校生」復活!

NETFLIXで「炎の転校生REBORN」実写化配信決定。

島本和彦の「炎の転校生」の後の時代を舞台に、「ジャニーズWEST」の7人が主役。

2017年内には明石家さんまプロデュースドラマ「JIMMY」も配信されるし、ジャニーズと吉本が本格的にネトフリに参加することになる。



それにしても島本ファンとしてメチャ驚いたぜ。
ジャニーズWESTがどんな人たちか全く知らない。
ジャニーズファンもこの古い漫画、なんなのかサッパリだろう。
互いにサッパリだ。だけど、嬉しい。
実写化かよ、ジャニーズかよ、なんて島本ファンなら言わないはずだ。

名作漫画でも、パチスロやらスマホゲームにゲスト出演して、懐古ファンの客寄せになってる姿を見る。
それより若いグループで、新作ドラマ化なんて最高だろ!
俺が他の配信サービスじゃなくネトフリを選んだのも運命だったんだ!!

そして「地上波じゃないからお金ないし見れない」とツイートした子供たちがいた。希望を捨てるな!!捨てたら終わりだ!
ネットのドラマ配信は、最後まで全話一気に配信されたりする。そうでないのもあるけど。
そしてネトフリは加入後1カ月は無料。

だから親に頼んで加入してもらって、無料部分だけでキャンセルしてもいい。
懐かし系のラインナップも、知られざる名作映画も多いのでパパママも、
「CMだらけの地上波よりネトフリずっと契約したままでいいよー」
ってなるかもしれない。


そしてひとつ言えるのは、「いい原作に当たったな!」

ヤマト、あしたのジョー、ジョジョあたりはどんな名演技でも叩かれる。
だけど「炎の転校生」ファンは
「連載終了後に生まれた、思い入れのない奴らの実写化なんか認めん!」
とは言わないはずだ。たぶん。

悪の教育委員会の手先になった学校に、転校生として入り込み、次々悪の教師や生徒と戦う。
(超要約してこのストーリー)

次々と違う部活の選手が出てきて、予想外の方向で決着が付く。
下ネタ、エロ、グロに頼らない。
あだち充と高橋留美子他、強豪揃いのサンデーで、なんとかこの作品で名を上げてやろうとする、まだ若手だった島本和彦のイキの良さ。

それを、ジャニーズにもっと凄い先輩たちがいるけど、これから名を上げていく(のだと思う)グループが演じる。いい。漫画版主人公の滝沢は校長になっているそうなので、滝沢だけ誰が演じるのか気になる。あの後、結婚はしたのか。クラスメイトたちの出演はあるのか。
とにかく今は「炎の転校生」が話題になっているだけで幸せだ。
その中から、何人になるか知らないが、原作を好きになってくれる人がいればより幸せ。

SASUKEの「アタリマエ」を見直す「アルティメット・ビーストマスター」レビュー

NETFLIXオリジナル番組「アルティメット・ビーストマスター」全10話が一挙に配信された。
日本の「SASUKE」が原形だが、オリジナルのスポーツバラエティ。制作にはシルヴェスター・スタローンも関わっている。

YOUTUBE アルティメット・ビーストマスター予告

カリフォルニアの砂漠に組まれた「ビースト」
鋼鉄の恐竜の化石のような超巨大セットで、内部がアスレチックになっている。
参加者たちは口から入り、舌をイメージした急坂、内臓にあたるパイプ、垂れ下がったチェーンをつたい、ベルトコンベアからコンベアへ跳ぶ。
落下者を待つのは赤い水。「ビーストの血」だ。

日本、韓国、メキシコ、ブラジル、ドイツ、アメリカ。
6か国108人の挑戦者は、体育教師、軍人、スタントマン、サーカス団員…。
肉体も、生い立ちを語る姿からも本気度が伝わってくる。

日本からは、なかやまきんに君が出場しているが、
「目立ちたくて来た」様子ではない。体も仕上がっている(チョンマゲ姿は海外のMCにウケていた)

・SASUKEの「アタリマエ」を見直す

SASUKEとの変更点は、「落ちたら即失格」ルールの変更。
「番組VS参加者」ではなく、番組はただ場所を用意しただけ。参加者同士のポイント争いになっている。
急坂を登れば10点、一本橋を渡れば10点…とスコアを獲得していき、たとえ落下してもポイント上位なら次のエリアに進出。

もうひとつの要素が「ボーナスポイント」。
ところどころに配置されたレバーを下ろすとポイントがもらえる。

渡るだけなら簡単な一本橋。
でも、身を乗り出さないと届かない、高い位置にレバーがある。

「あのアイテムどうやって取るんだ!」
ファミコンみたいなことを考えていると、
ひとりの参加者が、開脚でレバーを下ろす。地上数メートルの、揺れる一本橋の上で!

ボーナスは難しい場所にあるため、狙って自滅する参加者が後を絶たない。
筋力よりも、バランスと身軽さが必要なコース設計になっていて、アジア人や女性アスリートも活躍できる。


しかし、日本勢は大苦戦。メキシコ勢のハングリーさ、アメリカ勢の輝かしい経歴に比べ、スコアが伸びない。印象を残せない。
海外の収録に付き合わないといけないので参加者が減ったとも思えるが、近い条件のはずの韓国勢の、筋肉の厚みと跳躍の前には、言い訳になってしまう。
「アジア人って、こんなになるの!?」
と思ってしまう人ばかりなのだ。

そこに一人の男がコールされる。
「コージィー・ウル・シバラ!」
SASUKEを2回完全制覇した男、漆原さんだ。
「USA!」「メヒコ!」と自国の応援しかしなかった参加者が一斉に拍手。
海外でもリスペクトされるサスケ・レジェンド、30代後半。彼の経験はビースト相手に通用するのか。


・あらためて知るSASUKEの魅力

「アルティメット・ビーストマスター」は、SASUKEのゲームバランスを調整した「正統改良版」だ。

じゃあ、改良して面白くなったのか。
そこは微妙!
セットがでかいことを強調しているけど、収録を分けているせいかずっと真っ暗。
選手をアップで撮影しないといけないから、規模もわからない。
SASUKEの、昼間の運動会みたいな緩さから始まって、だんだん暗くなり、強者だけが残っていく絵のほうが変化があって面白い。

参加者たちそれぞれにドラマがある。家族のため、祖国のため。いい話だ。
でも、まともな参加者がまともに整理されたルールで戦って面白いのか。
「自宅でセット組んで夢中になるうちに職を失った男が、足を滑らせて序盤でアウト」
のほうが面白いじゃないか。
茶化してるんじゃなくて。

不条理に思えていた部分はSASUKEの「味」だったんだ、と再発見できる番組だった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「サバイバー 宿命の大統領」に睡眠時間を削られる

ウワサには聞いていた、暖炉の火が映ってるだけの映像を観た。
「暖炉 ~樺の木編~」
これを観ながらストーブにあたるVR体験をしたら温まると思ったけどそうでもなかった。



ネトフリオリジナルドラマ「サバイバー 宿命の大統領」シーズン1鑑賞。
アメリカ人が感じてる面白さの何割理解できてるかわからない。
けど、久しぶりに睡眠時間を削った。

911以上の規模のテロによって議事堂が爆破、大統領を含む多くの議員が死んだ直後のアメリカ。
上昇志向のない、味方も少ない議員が制度によって大統領になってしまう。

家庭的な議員が、ヨレヨレのパーカー姿のまま呼び出されて、核のスイッチを渡される。
こういうケースは極めてまれだけど、起きる可能性がなくもない(らしい。)
めっちゃ攻めてる設定だ!って嬉しくなる。

テロの犯人をめぐって全米が疑心暗鬼になっているなか、イスラム系の「いかにも」な組織が出てくる。
州によっては移民の受け入れを拒否する。
新大統領とスピーチライターは、マスコミや他国の代表にどう立ち回るのか。

同時に2つ3つの問題が進んでいくけど、うまく話は整理され、
会話は実際のテロ事件の例を出しながらテンポ良く進む。

戦闘命令を出していいのか、プライベートな問題を嗅ぎ付けたマスコミへの対処は…
主張の違う登場人物が次々出てきて、誰を信用すべきなのか、経験はないのに権限は持ってしまった新大統領に判断が求められる。
会話劇を進めながら、テロの首謀者と生存者のつながりとは…ってミステリーもずっと続いてて、
さては、この謎ずっと引っ張るつもりだな、と思いつつも次へ次へ観ちゃうんですわ。職人芸。

カンバーバッチの「シャーロック」を観た!

ベネディクト・カンバーバッチ主演版「シャーロック」シーズン3通して鑑賞!

関連レビューが書かれたのが2012年!


現代にシャーロックホームズがいたら?
半分変人の現代ホームズを、カンバーバッチが絶妙な演技で成立させたドラマ。

1話目から、相手の服装や持ち物を観て、一発で職業や性格を言い当てる
「ホームズお得意のあれ」をさっそく披露する。

ただし現代ホームズなので、ケータイの傷の付き方や機種を観て人柄を言い当てる。
現代の喫煙事情に配慮してパイプは吸えない。ニコチンパッチで禁煙中。

そんな人が実際にいたら…。
「すごい推理力だ!」とは思わない。
気持ち悪い。

友達はいらない。彼女も必要ない。だが軍医のワトソンとはわかり合える。ほのかな同性愛関係を想像させる場面も。

イギリス文化や英語がわからなくてもいい。
ホームズが天才的観察力で、ヒント数ゼロの状況から一気に犯人像を特定して迫っていく様子を楽しむ。

事件に関係した人間の「靴」だけが手に入った状況なら、年式、すりへり方、土の成分から
「このようなコースを走る人間というのは…」と一気にギューッ!と絞り込む。

そんなに都合よくいくかい!って場面は山ほどあるけど、これは緻密なミステリーじゃなくて、キャラの立ちまくったホームズと、振り回されるワトソンを観るヒーロードラマ。

カンバーバッチは現在上映中のアメコミ原作、ドクターストレンジ役に抜擢。本当にスーパーヒーローになってしまった。
↑