あえて言葉を排した美しさ! PS4「ハイパーライトドリフター」

ドット絵2DアクションRPG「ハイパーライトドリフター」を購入。

DSCN0481.jpg

タイトルは派手に出迎えてくれそうな印象だけど、開始すると見知らぬ世界にぽつんと放り出される。
うろうろしていると、水晶が乱立するエリアに迷い込んだ。
水晶に擬態したモンスターが出てきたので、剣を振って応戦した。やられた。

安全な町らしき場所はあるけど、言葉がない。主人公の立ち位置も、画面に出るステータスの意味もわからない。

DSCN0479.jpg
お店でセリフ無しって新鮮。薬を売ってるようだけど、この画面、何が何を意味しているんだ!


DSCN0480.jpg
この絵が会話の役割。


慣れてくると、アクションのシビアさと洗練度合いに痺れる。
最初にできるのは「銃で撃つ」「斬る」「ダッシュ」だけ。
剣で何かを斬ると、銃弾が補給できるのが重要。

遠くから撃てば安全なんだけど、弾がすぐなくなる。
なので、どこかで敵の懐に入って斬りつけて、弾数を増やさないと苦しい。

敵の行動パターンを理解して、紙一重で斬りぬけて、
俺、いけるかも!
と思ったらその奥に待つボスが笑えるぐらい強い。
その強さは、子供のころに見た「ロックマン」とか「マリオ3の飛空艇」ぐらい。
絶望的で嬉しい。


「芸術的ドット絵」が売り文句だけど、今どき上質のドット絵ゲームは珍しくもない。
でも「ハイパーライトドリフター」は、ドット絵を使っているだけじゃなくて、遊んだ感覚もちょっと古いのが新鮮。

今の2Dアクションのトレンドは、操作快適で、音楽は激しく、キャラクターはちょっと「あの時代にいた奴ら」リスペクトをしつつ今風。
「ハイパーライト」のアクションは爽快…とはちょっと違うし、音楽も話しも「わかりやすくない」

接待してくれない。突き放した、素っ気ないゲーム。
だけど、遊んでいるうちに、この世界の仕組みや闘い方がだんだん分かってくる。
言葉を発さない住人たちが何を言ってるのかわかってくる。そういう面白さがある。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

クロスファンクションは好きだけど「ALBEDO」・・・

久しぶりにヘンの来やがった。
PS4で配信された「ALBEDO」
紹介ページ

昔のSF映画をリスペクトした世界観。
謎の爆発に巻き込まれた主人公が、身の回りの物を駆使して脱出を目指す。

分かりやすく言っちゃうと、世界観がドぎつくて操作性の悪い脱出ゲームというか・・・
どれだけ調整しても目が痛くなるグラフィックで小さ~いアイテム探し。
しんどいパズル。やりがいのない戦闘。場面が変わるごとに挟まるロード。
画面がガクガクして、一度アイテムが体にくっついてきたけど、バクなのかどうかもわからなかった。

トロフィーはガンガン獲れるので、それ目当ての人は買えばいい。
購入者の半数がプラチナトロフィー取ってるゲームを初めて見た。


ただ、ローカライズ担当の「クロスファンクション」は好きなんですよ。
ここの移植作業は全部丁寧。
セリフの日本語吹き替えもやるし、何よりゲームチョイスのセンスが凄い!

味のしない戦争ゲーム「タイニートゥルーパーズ」
謎のアルゼンチン産シューティング「project Root」
そして「ALBEDO」。

クロスファンクションという会社は、
「売れそうなもの」よりも
「日本にないもの」を優先してゲームを選んでいる気がする。

そこが、3DSに良質なゲームばかり持ってくるフライハイワークスとは違うところだ。

三振かホームランか。
だいたい、毎回頭を抱えているような気がする。

だから「ALBEDO」はぶっちゃけお薦めしないけど(笑)!
いつのゲームだよって思ったけど!事前の映像で面白そうだったぶん愕然としたけど!
次回もまた買う。

PSプラス更新!授業中の落書きが戦う「ドローン・トゥ・デス」配信!

今月のPS4フリープレイ枠。
「ドローン・トゥ・デス」!

DSCN0352.jpg
だっせえキャラが、ひでえセンスの武器を持ち、きったねえ言葉を吐いて殺しあう、
グロいけど笑えるオンライン専用ブッ殺しゲーム!


さっそくチュートリアルから!撃つ!ジャンプ!リロード!
今どきのアクションシューターは操作が複雑化してボタンが足りてない。

たとえば近接攻撃はスティックを押し込むことでもできるが、コントローラを振ることでもできる。

DSCN0348.jpg

弾の補充は「リロード」と声にだして行う。
「リロード! リロード!!」




DSCN0350.jpg

「このゲームに音声認識なんてないゲロ! は、は、腹が痛いゲロ!」
「・・・・・・」


あ、あの、あのなあ!
先月配信された「テラウェイ」がPS4の機能を使いまくるゲームで、マイクに叫んで敵を追い払うシーンがあったんだよ!!
それを終えた次にこの展開!
何で俺にだけエイプリルフールが遅れてやってきたんだよ!頭抱えたわ!!


ゲーム内容は、絵柄の奇抜さとは裏腹に、安定したつくりのシューティングだと思う。
このジャンルは、特にオンライン専用は普段やらないんで詳しいレビューはできない。

シンプルにデスマッチ、チーム対戦。
キャラクターごとの特性がわりと強くて、飛行や自爆など、各性能を知るため一度はトレーニングをやっとこう。

爆乳ニンジャとか、サイボーグとか、あえてダサイ、汚いことで笑わせる。
キャラ解説を読むと、作者の考えや人間関係がなんとなくわかるのは好き。
試合中にも、最終手段として「神の手」を1度だけ召喚できる。

DSCN0353.jpg


邦訳がネット用語を使いまくってて、
「それは何か違うんじゃないかなあ、このノートを描いた人、そういう人種なのかなあ」
って気はする。
翻訳した人がネタのために小馬鹿にしてる感じ。

「ブレイキング・バッド」でも、日本人から見ればずいぶん大人っぽい兄ちゃんがこういうの描いてて驚いた。
描いてる人はかっこいいつもりで、そこが可愛い。青春の香りがする。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

アサクリはパルクールゲー、そして「ガラクZ」をだれかやってくれ。


前から「移動の感覚がなじめん!」と文句いってたアサシンクリードなんですけど。
映画版の宣伝で来日していた、監督の言葉で分かった気がした。

ゲームの「パルクール」を映画で再現することに力を入れた、というのだ。
暗殺ではなく、パルクールを重視するの?

パルクールってのは、海外のびっくり映像番組やYOUTUBEでもよく見る、街中をどこでも走っていくやつね。
手すりに飛び移り、壁を登って、障害物だらけの街中をひたすら走っていくスポーツ?パフォーマンスかな。

アサシンクリードって、ステルスと暗殺のゲームだと思っていたけど、
「古代都市でパルクールをするゲーム」
だったんだ。
そう考えれば、あの操作方法の意図がわかる!
ボタン押しっぱなしで、手に届く場所を勝手に見つけて、複雑な街並みを走って行ける。

オープンワールドにしたのも、ひたすら広い街を走り続ける楽しさを狙っていたのか!
そして地上に降り立ったときは、群衆にまぎれて何食わぬ顔でいると。
なんかするっと納得いったぜ。



「機動戦士ガラクZ」ファーストインプレ。

操作方法になじめない。(またか!)
ふわふわした挙動の宇宙船を、R2でアクセル、L2でバック。R1でブースト。L1でドリフト、□でドッジという、体験したことのない操作で乗りこなす。
基本操作すらマスターできない2Dシューティングは初めてかもしれない。

日本アニメのオマージュに溢れ、アニメで見覚えのあるミサイルや爆発の仕方をしているらしい。
ただ、ミサイルの弾数は厳しく制限され、そんなものを楽しむ余裕は全くない。
事前の宣伝で、バカで楽しいゲームを予想していたけどこんなにストイックだったとは…!

ふわーっとあちこちの岩にぶつかりながら進んでいくと、あっという間に虫に噛みつかれて最初から。

乗りこなせば、その先に楽しさが待っている気はするんだが、苦しい。
製作者は「スカルズ・オブ・ザ・将軍」なる、これも地味だけどこだわりを感じるゲームを作った人。
信用できる作り手だと思うんだが、ムッズイなあ。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

PSVRの予約受付を狙ってたけど一瞬で終わった。
まだ全然ほしい人にいきわたってないぞ!

俺も現実からあっちの世界に飛び込みたいんですー!って5万円を振って待ってたんだが、
「VR」って書かれた救援ヘリがこちらに気付かず、静かに飛んで行くのを見送る感じ。

仕事に繋がる文章もガッツリ書きたいのに、余裕がない。
意欲と焦りが両方ある。

これ無料でいいんですか。「LET IT DIE」プレイ3日目

グラスホッパー・マニュファクチュア(Withガンホー)のレリダイ、基本無料版。
やってますか?驚いてますか?俺は驚いてます。

DSCN0319.jpg


ファイターを育成しながら、毎日変わる構造のダンジョンを制覇するのが目的。
スプラッターアクションだけど、ドロドロのグチョグチョではなく、不愉快になりすぎないところで止めてある。

サソリが「さっさささ、さそり」って鳴くとか、
血が噴水みたいに出て嘘っぽかったり、武器のアイロンで、人間ごとアイロンがけしてフィニッシュとか、
残酷だけど明らかに笑いを取りにきてる。
DSCN0317.jpg

(決め技のときに死神が画面を横切る演出は「モータルコンバット」の謎のおじさんリスペクトかな?)

ローグライクだけど、やられたキャラは自我を失って、その場で敵としてウロウロ。
他のキャラで倒すことで回収、復帰できる。
場合によってはゾンビ取りがゾンビに。

ある程度進むと、
「対ダンジョン」だけでなく
「対プレイヤー」の足の引っ張り合いが始まる。

DSCN0318.jpg
駅員ががったんがったん動くよ!

オンラインで、他のプレイヤーが塔を攻略中に拠点に攻め込んで、金や、育てたキャラクターを強奪する。
簡単にレベルが上がるとはいえ、ローグ形式のゲームで人の育てたキャラ強奪!
これは相当攻めたシステム。


やってることはシンプルだけどバックグラウンドは凝ってる。
崩壊した世界で「ゲーム内ゲーム」をやる内容だけど、どこまでが現実かわからない。

DSCN0316.jpg

ゲームを進めるごとに、改造人間「マックス」の物語や世界観の詳細がわかってくる。

ぶっちゃけ今まで、須田ゲーにアクションの質は求めてなくて、
欠点承知で(それでもどこか忘れがたい味があればOKな感じで)やったけど
今回は演出、アクション、両方仕上がってます!
「須田×基本無料」
の時点で完成度は期待してなかったのに!アクションになってからの須田ゲーでは文句無し最高傑作。やりおったでこれは。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

↑