細かすぎて報道されなかった高校野球芸人「サブロクモンキーズ」そうすけの四国アイランドリーグ挑戦記レビュー


元野球選手の杉浦投手。
またはお笑いコンビ「360°(サブロク)モンキーズ」杉浦そうすけの、独立リーグ挑戦記。
野球の話だけど、野球をしてない人の人生と重ねやすい一冊だ。



作者は「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」の常連。
「ヴェー、ヴェー、ベーベーベー…」
と応援歌を口ずさみながら、往年の外国人バッターのモノマネをするネタで、番組では人気者になるが、ブレイクしないまま40歳。

子供のころの夢は野球選手で、全国制覇した翌年の帝京高校野球部で3年間をすごした野球芸人でもある。
だが、帝京では名門校の厳しい現実に、1軍にいることさえできず挫折。
卒業文集にこう書いた。
「入学のときはプロ野球選手が夢だったけど、今はお笑い芸人が夢になった。ガンバル。」

今でも芸人仲間の草野球では誰よりも真剣。甲子園で活躍する球児を見ると、憧れと嫉妬でつい熱くなってしまう。


そんなとき、独立リーグの存在を知った。
一般的にプロ野球と聞いて思い浮かぶNPB(日本プロ野球機構)とは別に、全国各地に独立したリーグがある。
今からでも、野球選手になれないだろうか? 考え始めると、自分にウソはつけない。
全力で挑戦して、夢にケリをつけよう。杉浦はテスト費用の20万円をかき集める。


2016年、四国アイランドリーグの「愛媛マンダリンパイレーツ」に入団した杉浦。
待っていたのは、過酷な走り込みと「駅のそうじ当番」。
練習の合間に清掃活動や少年野球のコーチをしながら、月収は手取り7万円。グラウンドが使えず、壁当ての音がうるさいと怒られた選手もいる。

去年までNPBで活躍していた選手も、甲子園で脚光を浴びた選手も、野球にしがみついて生きている。子供のころ憧れた野球選手はこんな生活じゃなかったはずだ。

そして苦労してマウンドに上がった杉浦だが、勝負にならない。1打席に人生をかけているバッターは、こんなにでかいのか。こんなに怖いのか。
球場に来てくれた観衆をがっかりさせるイメージしか浮かばない。
先頭打者にフォアボールを出す最悪のパターンで交代。


弱音を吐いた杉浦に、かつてドラフト1位で日ハムに入団した正田樹が声をかけた。
「バッターの方が絶対プレッシャー感じてますよ」

そうだ!
ここにいるみんなは、夢を諦めるかどうかの崖っぷちにいる。そこに一回り年上のお笑い芸人が出てきたらどう思うか。
「こいつの球が打てなかったら終わりだ」と思うはずだ。怖いのはお互い様だ。
たくさんのチームを渡り歩いた正田選手は「40歳・芸人」と戦うことがどれだけ嫌かわかっていた。


必死で強さを得ようと練習していたけど、最初から持って、コンプレックスだった「40歳・芸人」の肩書きが武器だったことに気付く。

野球選手を目指す人から見れば、芸人になることは回り道でしかない。
子供のころから芸人だけを夢見て専念していれば、今頃売れっ子になれたかもしれない。
だけど、回り道をしたから得た能力もある。経験できないこともある。


毎年、独立リーグのメンバーは毎年大きく変わる。
「自分はプロで通用しない」と受け入れた選手は退団して、野球と離れた人生を歩む。

もう二度と同じメンバーで野球ができない。
そう思ったとき、数試合しかマウンドに上がれなかった「おっさん球児」の目にも、高校球児たちと同じ純度の涙が光るのだ。


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

「永遠のPL学園」読みました!

「永遠のPL学園」
甲子園常連校の急な弱体化と、母体であるパーフェクトリバティー教団の関係に迫るルポ。



桑田監督待望論を蹴って、実際に監督になったのは誰なのか、
PL野球部の現状を知って、あえて入学したのはどんな生徒なのか。
謎を追いながら、最後は球児の純粋さにやられる。

PLの教えは、最初は「道具を大切に」とか、普通のことだったのに、どんどん解釈がずれていく。
「道具を大切にしないと鉄拳制裁」
「ボールを1個でもなくせば連帯責任」
先輩に質問禁止。女子を見ること禁止。水を飲むのも禁止で、最終的には1年生部員がトイレの水まで口にする、卒業生曰く「この世の地獄」になる。

問題行動が次々発覚してからは、優秀な生徒は大阪桐蔭に入学するようになる。
最後のPL野球部は、いい設備を持った弱小高でしかない。
かわるがわる練習試合を申し込まれてはメッタ打ちにされ、マスコミに晒され、OBにはなんとか頑張ってほしいとプレッシャーを受け続ける。

それでも、部員たちが胸を張って言う
「OBにいただいたボールを1個もなくさなかったことが自慢」

先輩の指導、暴力がなくなっても、「道具を大切に」の教えを廃部まで守り抜いた!
感動的だけどどこか違和感の残る、宗教の中にもうひとつ別の信仰が育っていく過程というか…、不思議な読後感。

「字が汚い!」新保信長





第一章の内容が全部要約されて表紙に書かれている。
「何というか、筆跡そのものが子供っぽくて拙いのだ。」

「東大出身・50代」の肩書きと自分の字が合ってない。
ここぞという場面で、いい感じの字が書きたい。
(今の時代、直筆が求められる場面は、だいたい「ここぞという場面」なのだが)


知り合いの編集者に頼んで「六甲おろし」の歌詞を書いてもらって、字のバランスが悪いと
「バントとか失敗しそう」
と批評したり、

有名人、政治家、犯罪者の文字を見て、字は性格を現すのか観察していったり、80年代に流行った丸文字のルーツを探したりと、あんがい巷にあふれている直筆の文字についての一冊。


ここで調べられた範囲での話だけど、女性のほうが字がきれい。
笑うような汚い文字は全員男だ。
取材をすると、子供のころに他の子の文字を見てマネしたとか、いじめられている子が丸文字を身に着けてコミュニティに加わろうとした話が出てくる。
男子はそもそも授業中に手紙を回したりしないし、他人の字を意識することが少ない。

本作で、政治家より小説家より美文字の使い手として紹介されるのも女性。
連続不審死事件で拘留中の木嶋佳苗だ。
ブログに掲載されている字も文章も、美麗で上品な女性をイメージさせ、著者は「明らかにペン字を習っている」と分析する。
今は違うけど、初期「日ペンの美子ちゃん」も、きれいな字は異性の印象を変えるとアピールしている。

文章と書き方に関する部分もおもしろい。
同じ人が同じ題材について書こうとしても、直筆とパソコンで違う文章になる。絵を描くときにペンと筆では違う絵になるように。

服役中にひたすら文章を書くことでプロになった作家もいるらしい。
字が汚かろうが面倒だろうが、もう一度直筆を試してみたくなり、見つけたペンはタッチペン!3DS用の!タッチペン!
こんな思いをさせた時点でこの本の勝ちな気がする。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

水玉螢之丞「元祖水玉本舗」が届いた!

届く前、高いな!
届いたとき、でかいな!
って思ったんけど、開いて納得。

DSCN0322.jpg

大きくないと、書き込まれた文字が読めないんだ。
そして「字がきれい」なところが、水玉ワールドの清潔感を保っている。

DSCN0323.jpg

今より貴重なゲーム情報源だった「ファミコン通信」に、
ひとり寄せ書きスタイルでキャラ愛をぶちまけた水玉螢之丞。

当時は、なんだか楽しそうに描いてる人いるなーと思ってたんだけど、今見るとゲーム愛に圧倒される。
絵が上手いのは当たり前、好き勝手に他の漫画家のタッチにしたり、ゲーム内にないキャラ同士の関係を勝手に書いちゃったり。ディープなのにライト。他の連載とは距離を置いているけど、拒絶はしていない。

大人になってもずっとゲームやって感想を書くって、いつついていけなくなってもおかしくない。
鈴木みそも、ゲーム嫌いになったわけじゃないけど、ずっと遊ぶのは疲れてるというか、距離を置いてるようだった。

水玉嬢は無理して遊んでいる様子がない。
毎日ごはんを食べることに飽きないみたいに、ゲームをやって書きまくることに疲れる様子がない。
ヘタなのに。
疲れると目まいをおこすメニエール症候群持ちで、横スクロール「セプテンントリオン」の回転映像で酔うほどなのに。

ゲームがうまくないことは、ゲームを楽しむ障壁にはならない。
「レベル下げてもバルログが倒せないオレ(笑)」
って笑えばいい。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

永田カビ「一人交換日記」闘病記から離れて、より手ごわい一冊に 

「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」
という本がある。
うつ、摂食障害を抱えて人と関われず、バイト先や家族に迷惑をかけてばかりの女性が、
親の評価を気にしていた自分を吹っ切るためにレズ風俗に行く。

「ピクシヴ」からほぼ素人の闘病記が出版されて、
きゃりーぱみゅぱみゅとかカズレーザーとか、ポップカルチャーを引っ張ってる人の手にまで届く過程を見ていた。
結構思い入れがある。

永田カビさんの凄かったのは
「傷つくこともかまわず傷口えぐってくスタイル」で、
これを僕は、インクのかわりに血で描いた漫画と呼ぶ。

自分の心の闇の部分って、考え込んだりさらけ出すことで悪化する可能性もあるし、
理解できない人に傷つけられる可能性もあるのに、全部さらけだしてネタにする。

摂食障害で、バイトのレジ打ち中にラーメンをかじるシーンが強烈で…
生麺をそのまま噛むと麺が血で染まるのが、やったことある人にしか描けない感があってグッと引き付けられた。

その続編的存在の「一人交換日記」買ってきた。
DSCN0281.jpg

「レズ風俗」の闘病要素がなくなり、その後の日々を描く。

死にたい気持ちがなくなった作者は、こんどは耐え難い孤独に襲われる。
わかり合える人といない限り、何人でいても孤独。
家族といても風俗に頼っても解消されない、心に穴の開いた感じがずっと続く。

そして、ためこんだ思いをさらけ出した「レズ風俗レポ」が家に届く!
誰よりも幸せになってほしかった母が読む!

「レズ風俗」は、両親からの評価が絶対だった娘の反抗。
「私はこんな思いを抱えていたんだ!」って叫び。
寝てばかりだと思っていた娘がこれを描いたと知ったら、何かしら反応はあるはずだ。

怒りか、謝罪か、祝福か。
どうにかなりそうな思いで母の感想を聞くと、
「うちの恥をさらしてる」
ととられていた。
ちゃんと読んでくれてない。
ため込んだ思いが商品になって、世に出て、自分の進む道が見えてきたのに。
「おめでとう」の一言もない。

私の描いた物はそないあかんか!
そないに!!あかんか!!

叫びが痛くて熱くて何度も読んでしまう。

↑