「虫けら戦車」クリア! みんなが気になってそうなことに勝手に答えます。

GUILD02「虫けら戦車」クリア!
それも、全てAランク以上のクリア!勲章ももらったぞ。
攻略法は、難易度をイージーにしてキングタイガーという戦車をどっかで見つけること。

難易度ノーマル以上だと妙に難しくて、最初の戦車を選び間違えるとその時点でほぼクリア不可能に思えることまであった。ハードでクリアするにはどんな動きをすればいいのか、一度スタッフの模範演技を見てみたい。オンラインプレイはまだ1回もできてません。一度人を集めてやってみようかな…。

では、前回の更新で多少アクセス数が上がったので、これは虫けら戦車を買おうかどうしようか迷っている人が多いのだと解釈してよろしいのでしょうか。
では、迷っている人の背中を押したいので、買う前にひっかかってそうな悩みに勝手に答えていきましょう。


悩み
「虫が苦手なんだけど大丈夫?」
回答
「虫ごときで脅えるとは、貴様それでもドイツ兵か! タイトルロゴのアリの集合を見て悲鳴を上げない人なら大丈夫。クモやカマキリなど、強敵のほうが見た目の嫌悪感は少ないんだよ。」


悩み
「率直に、アクションゲームとして面白い?」
回答
「シンプルシリーズみたいな、粗削りなところも愛せるなら楽しめる。完成度の高いゲームだけ遊びたいなら、レネゲードかソウルサクリファイスでいいんじゃないか。」


悩み
「ゴキブリ出る?」
回答
「出ない。少なくとも一人プレイでは。」


悩み
「今後のギルドシリーズに期待はできそう?」
回答
「もちろん。01のアンケートで、参加してほしいクリエイターに飯野賢治と書いたのが、実現できなくなったのは悲しいけどな。」

GUILD02「虫けら戦車」ファーストレビュー!

DSCF0318 (500x309)

とりあえずイージーモードでスタッフロールまで見たので、現時点での感想です。
プレイ時間は3時間半ほど。まだかなりのミッションや隠し戦車や敵、オンラインミッションも残しています。

はっきり言ってプレイ当初の印象はギルドシリーズ全作でぶっちぎりのワーストワンだった。主人公はなぜか小さくなってしまったドイツ軍の兵士となり、戦車でアリやハチと戦う。
作戦開始時にはPS1をほうふつとさせるグラフィックで、
「こんなに小さくなってしまうとは、連合国の新兵器かー!」
とか、ちょいコミカルなやりとりがあってゲーム開始。

DSCF0324 (500x308)


戦車をスライドパッドで移動して、砲台はボタンで回転させる。
砲撃は自動的にしてくれるし、機敏な動きもできないので、アリ相手に
一歩近づいてドーン!
一歩下がって隠れて…
近づいてまたドーン!
を地味に繰り替えすだけ。

敵はアリ、ハチ、カ。ボス的な存在はクモ、ハチなど多数。
バイオハザードのゾンビよりもグロテスクだとは思わないけど、虫と聞くだけで鳥肌が立っちゃう人は避けた方が無難かも。本気で気持ちの悪い虫は出てこないけど、敵が接近したときのカサカサ…という音とか、気持ちのいいものではないし。マップがずっと同じような感じで迷いやすいのもマイナスだ。

(追記)SEとBGMの音量を別に設定できるので、カサカサ、ブーン、という音を小さくすれば不快感減ります。立体音響に対応していれば仲間のいる方向も推測できるし、虫に囲まれるゾワゾワ感が凄くなって面白そう。


落ちている各国の戦車に触れると、次の作戦から使用できる。車体と砲台、カラーを別々に選べるので、自分だけのオリジナル戦車で戦える。

DSCF0321 (500x319)

序盤最悪だったこのゲームの印象が変わってきたのは、中盤に差し掛かってきてから。そこそこ速い戦車で「カ」や「ハチ」をまとめて一撃で倒すのは気持ちいいし、クモの巣や細い木の上など立体感あるフィールドも面白い。
一連のドイツ軍コントやしょぼい音声もちょっと笑える。

3DSで似た印象のゲームは、スティールダイバーや哭牙だけど、あれが噛んでも噛んでも薄味で物足りなかったのに対して、虫けら戦車は「美味しいわけじゃないんだけどなんか変な味は付いてる!」って感じ。
稲船さんは絶対に失敗できない「ソウル・サクリファイス」を作ってる合間にこっちでやりたい放題やったのかな。(邪推)ギルドシリーズのコンセプトにはぴったり。

ギルド01を持っている人が使える特典、金の戦車は本当にただ金色の戦車で、強くもありがたくもなんともない。
もしかしたら01持ってなくても、徹底的にやりこんだら使えるようになるのかもしれないけど、ここまでしょぼい特典だったら「金の戦車のためにやりこまないと」って思う人がいなくなるから良かった。
「怪獣が出る金曜日」だと、完全クリアすれば特典が見られたせいで、本来やってもやらなくてもいいオマケ要素を無理してやりこんで最終的に疲れちゃう人がいたみたいだから。
「虫けら」のやりこみ要素は超難しい上に特典は超しょぼいので、これだったら皆
「ゲームって好きなように遊んで、好きなところでやめていいんだ」って思うだろう。


ここからは個人的に思ったことだけど、「怪獣が出る金曜日」と「虫けら戦車」に共通するのは、どちらも「男子小学生時代」を思い起こさせるところ。

「怪獣」ではちょっとノスタルジックに思い出補正されたきれいな少年時代を思い出したけど、「虫けら戦車」で思い出したのは、女子が顔をしかめそうなリアルな俺の少年時代。
具体的には、駄菓子屋で買った水あめに飽きたので、アリに水あめを垂らして動けなくして遊んだり、釣りをしていたはずがいつまにかフナムシを踏み潰して遊んでいたことを思い出した。

良くも悪くも、男子小学生に「好きなだけ予算あげるからゲーム1本作っていいよ」と言って任せたらできたようなゲーム「虫けら戦車」。
これが作れる稲船プロデューサーは、小学生スピリットを残したまま大きくなった、やんちゃな大人なんだろうな。


何か買ってもらったり拍手もらうことでしか喜べない、汚い大人になってしまいました。

「虫けら戦車」配信開始! これ、大丈夫か?

「虫けら戦車」プレイ前
HNI_0047_MPO_20130319123609.jpg







プレイ後
HNI_0066_MPO.jpg



店長さんが白髪混じりになっちゃったよ。
まだ序盤、まだ序盤しかやってませんので今の時点での感想だということを強調しておきますが、
先週「怪獣が出る金曜日」で快調なスタートを切ったギルド02の第二弾「虫けら戦車」
…これ、あんまり、おもしろくないんじゃ…。
まだマルチプレイが残ってるので化けるかもしれんが、これまで、荒はあっても駄作はひとつもなかったギルドシリーズで初めての手触りだ。

…やっちまったんじゃねえか?

今のところ、広くてすぐ迷いそうなフィールドを、動かしてあんまり楽しくない戦車でよたよた走り回っているだけだ。
砲台が敵アリの方向だと自動的に攻撃してくれるけど、あんまり気持ちいい感触じゃない。
スキップ可能だけどちょこちょこデモが挟まってテンポ悪し。音楽、印象に残らず。
途中までドイツ語の音声でやっていくのかな、と思ったけど、攻撃されたときに何か裏声で
「カコマレター!」
「モ、モタナイー!」
って聴こえる。
仲間を助けたら
「ダンケ」
ってそれはドイツ語なんだ。

あっ、でも最初のアリがやたら固かったけど、蚊やフンコロガシを一撃で倒す感覚は気持ちいいかも。
みんながクモに捕えられたときの、ちょい気持ち悪いけどどことなく笑える感じとか、味も出てきたかな。
引き続きプレイを続行する。サー・イエッサー!

もう少し「怪獣が出る金曜日」の話を続けたい

怪獣に関して全く知らないと書いたけど、実は0,1ミリぐらいは知っていたりする。
「ガリレオ」「秘密」などで有名な推理作家、東野圭吾先生は、
エッセイ「あの頃ぼくらはアホでした」の中で、怪獣マニアであり、特にウルトラセブンの熱烈なファンだと明かしています。



これを読んだおかげで、僕にも多少の怪獣知識はあるのです。

1、「ジャミラ」っていう怪獣はかわいそう。
2、ペンギンの「ペギラ」っていう怪獣は人気があった。
3、「ペギラごっこ」の遊び方は、上着のポケットに手をつっこんでパタパタやりながら、「ペギラやぞー」と言う。

以上が、僕の持っている怪獣知識の全てであ~る。

なんか本当のファンの方に申し訳なくなってきたけど、なんせ僕は昭和版仮面ライダーやウルトラマンが終わって、平成版が始まるまでの間の時期に少年時代を過ごしたので…。
で、僕の予想だと、「怪金」に出てくるこいつって、そのペギラが元ネタなんじゃないだろうか。
DSCF0294 (500x309)
東野先生によると、ペギラは車を宙に浮かせたりした、とある。
そしてカードの右下にもしっかり車が映っている!
完全に一致。
うーん、ペギラ。
2013年のゲームにもしっかり影響を与えるほどのインパクト。恐るべしペギラ。
全部僕の勘違いかもしれないけど、恐るべしペギラ。


もうひとつ、印象に残ったメッセージがあります。
DSCF0293 (500x313)
特定のキャラと話すと出てくるこの言葉。
僕はさいしょに、画像のお姉さんと話したときにこのメッセージが出てきたから、
僕はてっきりこれを、主人公の初恋だと思ってしまった。
怪獣とかカード遊びにしか興味のない男の子が、近所のお姉さんの姿に初めて興味を持ったんだと思ってしまった。

しかも、次に同じメッセージが出てきたのは、同級生の女の子と話したときだったから、
「あ、初恋の相手が、同級生と近所のお姉さんとの間で揺れ動いてる!」と、都合のいいように勘違い。


プレイした人にはお分かりの通り、このゲームには初恋とか全っ然出てきません。
でも、勘違いしたままゲームを終わらせても良かったかな。
「初恋が実るまで」のゲームはギャルゲーブームのときにいくらでもあっただろうけど、
最終的に「初恋の日」ですっと終わるゲームってないような気がする。

怪獣が出る金曜日が2時間半で終わってしまった

い、いかん。
つい楽しみにしていたゲームだったので一気に終わらせてしまった。

このことを書くと、もしかしたら買う気をなくす人がいるかもしれないけど、
「怪獣が出る金曜日」はプレイ時間2時間台で終わりでした。
だけど、それがいい出来で。

今、PS4が中古販売禁止になるとかならないとかで話題になってるけど、
このゲームを遊ぶと、「意外と中古をなくした方がいいゲーム増えるんじゃないか?」
なんて思った。
中古で売られる心配がないから無駄なやりこみ要素もない。
やりたいことをキッチリやって終わらせた、気持ちのいい短編ゲームでした。

何やらPSPでウルトラマンのゲームが出て内容がどうのこうの言われてるみたいだけど、少年時代にウルトラマンを見て育った人はこっちを買ったほうがいいと思う。
ヒーローを題材にしたゲームを「作らされた」会社と、「作りたかった」会社の違い。

あとは、子供向けっぽいけど大人のほうが楽しめそうな内容なので注意。
まず、そこそこ難しい漢字にフリガナがふってないので子供が遊べません(笑)

特に「オールウェイズ三丁目の夕日」の西岸良平の世界観が好きな人はマストバイ。
映画じゃなくて原作のほうね。
単なるノスタルジーだけじゃなくて、ちょっとSFが入ってるのがすごく西岸良平っぽい。

前作のギルド01のパッケージを入れて起動すると特典が見れるけど、
本当に背景イラストとキャラの設定イラスト数点なので、前作を持ってなくても面白さを左右されるほどじゃない。
ネタバレになる部分はクリアしないと見れないので、持ってる人も安心。
欲を言えばギルド01にあった「プロデューサーからのメッセージ」があればもっと嬉しかった。
本を読んでも作者のあとがきが好きなので。


てか…終わらせてないゲームがまたハッピーオーシャン1本になってしまった。
明日はPS3で何か買いにいきましょうか。


4つの波紋がひとつに!
↑