ニンテンドースイッチ「初めの一手」はワンツースイッチ!

須田51、プロレスネタを盛り込むのに夢中で「ノーモアヒーローズ」新作を正式に発表するの忘れる

ニンテンドースイッチ詳細が発表されました。
据え置き機で外にも持ち運びできるスタイル。コントローラが左右に分かれることで
対戦、協力プレイに力を入れてる感じ。

スプラ2、メガテン新作、ボンバーマン新作、スクウェア時代のRPGを思わせるもの、ファミコンやスーファミのゲームにオンライン対戦を足したものも出るとか。
価格は税抜きだがギリギリ3万を切ってきた。

部室にボンバーマンひとつ持って行ったやつがヒーローになれるな。
ドラクエヒーローズはHD振動で敵によって斬ったときの感触が違う。

ローンチはいろいろあるけど
「はじめてのWii」と「メイドインワリオ」的な「ワンツースイッチ」が、このマシンならではの機能を多数使っている模様。

(公式ページ)
音が出ます

画面じゃなく相手を見てプレイするゲームで、
・繊細な「HD振動」
・モーションコントロール
・形を認識するカメラ

を使ったパーティーゲーム。いい意味でおもちゃ的。

「早撃ち」でもちゃんと相手に当たってないとダメだったり、
コントローラの前で口をがぶっとやると、カメラが認識して、振動とスピーカーで「なんか食ってる」感じになるとか、
ミルクが溜まる感触がわかる乳しぼりとか
すぐ飽きると言われても一度体験してみたいんだよ!こういうのは!


あと、コントローラを机に置いて、トントントンと、包丁を動かすしぐさをすると、何もないものが切れた感じがするみたい。(紹介映像に一瞬映ってる)
この機能で何ができるか。
あと「龍が如く」の名越プロデューサーが登場したのにソフトの詳細を発表しなかったのはなぜか。

それは。
スイッチ版「龍が如く」で「エアー指詰め」ができるけど、
さすがにあの場では発表できなかったのではないか。


わりとマジで言ってます。当たりですよ。これは。
あとは、スマホと連動して子供のプレイ時間やネットを制限できる機能とかユニークなものがあったり、
一人やり込むタイプのPS4とうまく分かれた気がします。


Wii時代にあったようなモーションコントロール主体のゲームも、またぽこぽこ出てきそう。そろそろ1週回って新鮮に感じられる。体感ゲームっぽいやつ。

期待ばかり膨らんじゃうけど、これが全く売れなかったら、最悪の場合任天堂のハード撤退もあり得ると思う。
それは絶対ノー!でしょ。
発売日に買っちゃおうかな。
人柱wwwとか言われながら。
PS4が実際に発売日に買って人生変わったし、ゲーム機発売日買いのワクワク感を味わえるチャンスなんて人生にそう何度もないからね。

今年もよろしゅう

明けましておめでとうござます。
年末からの疲れで1日10時間ぐらい寝てて、
「めったに集まらない家族だからいっしょに食事しよう」と親にさそわれて…暖かい家庭ですね。
僕は
「食べ、る…あとで~」と寝ながら答えたらしいです。もうすいません。朝食はきちんと取ります。


本来なら美容室から割引クーポン付き年賀状が届くはずなんだけど、それだけ見透かされたように来ない。

クレイジージャーニーの元旦スペシャルは後半だけ間に合った。えらいもんが映ってた。

「永田カビ」は成長したからこそ、反感を買う内容が描けるようになったんだと弁護したい。

「私の少年」作者がガチの少年愛の人じゃないからこそ生まれた、風通しの良さを語りたい。

日本ではイマイチ反応のないゲーム「THE WITNESS」のとんでもなさを広めたい。

「それ町」「トーキョーエイリアンブラザーズ」が終了してしまった。終了してしまった!


寝ているうちに書きたいことの賞味期限が切れていく。
今気づいたんですが、年末にできた鼻のニキビが治っている。2017年が始まる。
暗いニュースに必要以上に気を取られず、やりたいことをやりましょう。

キン肉マン192話感想


「キン肉マン」最新回はこちらから無料で読めます

「必要なのは対話である。」
12月19日のキン肉マン更新。

正義超人、悪魔超人という陣営が戦っていたところに、完璧超人というジャンルが割って入り、みつどもえで戦う現シリーズ。
正義超人キン肉マンと、完璧のネメシスが戦い、キン肉マンの必殺技マッスルスパークで勝った!

完璧超人たちの掟「負けたら即自害」にしたがい、自殺しようとするネメシスをみんなが説得する。

「愛すべき馬鹿マンガ」の代表で、教養とは無縁のキン肉マンが、
「自殺」と「戦争(差別でもいじめでも)」に、
それはいかんと叫んでいる!
現代社会に対してのメッセージかどうかわからないが、そう受け取れる!


説得も聞き入れず、自らの命を絶とうとするネメシス。
だが、マッスルスパークにやられた体は満足に動かない。

マッスルスパークの神髄は殺人技ではない。
相手に敗北を認めさせるが命は奪わない程度にダメージを与える技だった…。
よく理屈はわからないけど…。


そこで、ネメシスは完璧超人の総大将に、自分を殺すよう訴える。

総大将で、ずっとこの連載を引っ張ってきた大ボスの「ストロング・ザ・武道」ことザ・マンだけど、
思えばこいつはず~っと剣道の防具を付けている。

今ハラハラしているのは、あれを脱いだとき、
「強そう!こいつは連載の最後を締めくくるにふさわしい風格だ!!」
と納得できる容姿をしているかどうかだ!
ジャスティスマンや悪魔将軍以上のラスボス感、出るんでしょうか。
逆に小さい人が出てくる、鳥山明パターンかもしれない。

今は、各陣営に闘えるメンバーが2,3人しか残っていない状態。順当にいけばこいつとこいつが戦って最後はこうなって…と予想できるけど、もうワンサプライズ欲しい!
タッグマッチとか、3者入り乱れてのバトルロイヤル方式でもいい。あっと言わせてほしい!

書けない時期とか健康の話

だいぶ書けない時期が続いているけど久々の更新!

なんていうか、適当に書いてるときは何でも書けてたのに、人の目線を気にしてちゃんと書こうとすると、
「このちょっとした文章スベッてるんじゃないか」
「ここ使い古されたスラングを無意識に使ってるじゃん」
とか、いろいろ考えすぎるようになっちゃって。まあ、やる気の火が消えたわけじゃないです。

最近の出来事。
良かったことか、悪かったことかわからないけど、健康診断で優良と診断されました。

これまでハケンかフリーターかニートか引きこもりか、現代の闇みたいな環境が長かったので、ちゃんとした健康診断は初めて。
昔の漫画とかでバリウムがまずいってネタがよくあったけど、おいしかった。
たぶん改良されてる。

そして、体が健康ということは・・・
ぼくを長年苦しめてる腹痛とかは精神的なものということがハッキリした!

過敏性大腸ナントカなので、ストレスをためずに夢中で楽しめることを見つけろと言われた。
つまりその、俺って、つまんない本とかゲームに連続であたると病気の症状が出るってこと!?

夏が過ぎていく

俺を苦しめていた夏が通り過ぎていく!
8月の自分は弱ってました。
何にもやる気がない、あんまり楽しくない、レビュー書くのも、以前みたいに楽しくて伝えたくてしょうがないって感じじゃなくて、ちょっと宿題感覚というか。冷房少し入れると途端にくしゃみ連発するのも去年までは無かった症状。こんなに暑いの苦手じゃなかったんだけど…

9月はなんとか持ち上がってきました。大丈夫!俺はまだ行ける!

まず、以前から紹介したかった、チャンスがあればぜひ俺が、と思っていた「あれよ星屑」4,5巻レビュー!!
アオシマ書店:あれよ星屑にジャンプ
4,5、巻それぞれの冒頭試し読みだけで、明暗が!陰と陽が!場面によってくっきり違うのが分かるから。ぜひ。
1、2、3巻はきつい出来事も多くて紹介が難しかったかったんだけど、4,5で光が見えた。
作者のクマ系男への愛情が伝わる圧倒的ヒゲの描き込み。凄いよ。


3DSの立体視で目のピント機能を鍛える「目力育成ソフト」アイレッシュも購入。

今だけ割り引き価格、毎日プレイすることで項目が増えるゲームなので買うなら早いうちがオススメ。
だったんだけど昨日のニンテンドーダイレクトで面白そうなのが大量に発表されてたな!
「サバクのネズミ団」いいなあ…。
本家からスケールダウンする部分もあるだろうけど「ピクミン」の新作でシリーズデビューしてみるか…。

PS4では今までダウンロード専売で7000円越えだった「ダライアスバースト」が半額以下のセール!
ダウンロードよりモノを持っていたいんだけど…やはり実体のあるものに金を払いたいけど、ああっ、ほらまたダウンロードソフトが増える。


9月もよろしくお願いします。
↑