穴だらけの英語力だから、忘れられない旅になる。 PS4「タイポマン」クリアレビュー

PS4ダウンロードソフト「タイポマン」クリアレビュー!

アルファベットからデザインされた世界で、キャラクターを動かし、言葉の力で進む横スクロールアクションパズル。
序盤で詰まる可能性もあるし、いきなりのバグもあったけど、忘れられないゲーム体験になった。

DSC00066.jpg

主人公のできることは、移動、ジャンプ、「文字を動かす」だけ。
行き先が障害物でふさがれていても、近くのアルファベットを持ち上げて
「MOVE」「UP」「RISE」
などに並び変えることで、壁がゴゴゴと動く。

難しそうだけど、そこに落ちてる文字を並べ替えることで正解ができるので、意外と行ける。
むしろ英語で育ってない人が数人集まって、思いついた単語をああだこうだ言いながらプレイするほうが、
「うわ、クリアできちゃった!」
と、ネイティブ以上の達成感を味わえるのでは。

序盤の難所は「GAS」から有毒ガスが出ているところで、Pを置けばGASP(吐き出す)になって通れるようになるところだけ。英語圏なら小さい子でもわかるんだろうけど苦戦した。

DSC00064.jpg


正解の言葉以外の組み合わせでも、適当に作った単語で意味が出てきたり、ゲーム側が反応してくれるのが楽しくて。
「OLD」なら画面全体がセピア色になったり、「BAD」なら主人公の顔つきが悪くなったり。
クリア後にもそういう遊び方メインにやり込める。
発見した単語数をオンラインランキングで競える作り込みっぷりだ。


それでも行き詰まった、英語が苦手な方のために、メインメニューから「ヘルプ」の項目がある。
このページがゲーム中で一番好きなところだ。

DSC00069.jpg

ヘルプの項目にはこれ1ページのみ。
ネイティブではないあなたは、単語を調べてみましょう。思いつく限り入力してみましょう。

「何よりも、楽しみながら英語力をつけることができます!」
今のあなたは苦しいのではない。楽しみながら学習しているんです! と自信に満ちた言葉を聞かされて帰される。

よほど自分の作ったゲームに自信がないと、こんなページ作れない。
作り手は「これはネイティブ以外でも楽しいものだ」と思って作ったし、同じことを思って日本語にローカライズした人がいる。
もっと解放のバリエーションがあれば…とか、100点満点ではないんだけど、なんとも忘れられない一品だ。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント


トラックバック

↑