PSVR「スターブラッドアリーナ体験版」VR酔い対策方がわかったかも!

楽しみにしていた「スターブラッドアリーナ」体験版配信。
「スタブラ」はVRゲームで、主観視点で360度ぐるんぐるん自由に回りながらライバル機を撃墜するもの。



VR酔い対策で、視点を固定するゲームが多いなか、これは相当動く。

前にすっとスクロールしただけで気持ちわるくなるゲームもあるのに、完全に上下逆さまで飛行したりする。

スクリーンショット (1)


ゴーグルをつけると、近未来のテレビ番組の参加者になってチュートリアルを受ける。
下には自分の足が見えて、コントローラのスティックを動かすと映像の手も動く。左右にはでかい砲台が装備されていて、自分の視点の動きにあわせて可動する。
メカの操縦に憧れている人なら、この時点でテンションブチ上がり確定。

ただ…上下移動…回転…耐えられないほどじゃないけど、きつい。みんなが楽しんでいたバイオ7も体験版で無理だったし、やっぱり俺は酔う体質なのか。固定画面でお姉さんを鑑賞していろというのか。それはそれでいいが。


そのときは疲れていたこともあって、一旦寝て、再トライ。
ふと思い立って、イスに座ってやってみた。
それまで何年も、テレビの前に万年床か万年ベッドを置いて、ゲームやTVに疲れたら寝る習慣だった。

今度は、普通にオフィスで使ってるようなイスを持ってきて、ゲーム中の自分の足にリアルの自分の足が重なるように高さを合わせた。
スクリーンショット (1)
わかりにくいけど、灰色の膝当てをしている

それまで、ぺたんこ座りで、高さも合ってないし、姿勢が固定されているのに画面では動いているのがダメだったけど、
コロ付きのイスで、実際に少し動くようにする。

すると、チュートリアルで前進するだけで酔ったのに、イスを調整しただけで旋回や上下移動もできる!できるぞ!長時間は無理でも遊べる。


・乗り物系のVRゲー、座る高さを合わせるのが重要説
また、画面内で移動したとき、「コロ付きのイスだから実際の自分もちょっと動いてる」と思うことが、酔いを軽減してる気がした。

肝心のゲーム内容は、上手くなって他のプレイヤーと連携をとって遊べば最高だけど、初心者レベルでは少し慌ただしくて、飛行の快感を味わう前に終わってしまった。作り込みがすごい分、最新のゲームにしてはロードも長いかな。
でも、この体験は次につながる気がするぞ。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント


トラックバック

↑