NETFLIXでアニメ版「悪魔城ドラキュラ」放送開始!

悪魔城ドラキュラ 予告編

ゲームではPS1のころまでプレイしていた「悪魔城ドラキュラ」海外では「キャッスルヴァニア」
ダークファンタジー系のアニメになって、シーズン1前半がネットフリックスで配信!

原作ではムチを使ったアクションに、サブウエポンでナイフや聖水を加えて、敵はホラー映画系のオールスター軍団。
そのまんま描くには無理のある内容をうまく映像にして、ネット配信の強みであるゴア描写、狂った宗教家たちの表現も過激で楽しい!


物語はドラキュラ側から始まる。
ドラキュラが魔術だけでなく、科学の知識があるところが原作との違いで、
(僕のやってないゲーム版にある設定かもしれない)
ドラキュラは無理解な民衆たちに、魔術だけでなく得体の知れない科学を使うとして恐れられ、唯一愛した人間の妻を火あぶりにされる。
血の涙を流したドラキュラは、妻の愛した人間たちをほろぼそうとするが、そこに代々続く魔物ハンター・ベルモンド家の末裔が現れる…という導入。ドラキュラ側の言い分から始まる。

ちなみに、ニンニクや十字架は迷信のため無効。
「迷信」「魔術」「科学」「伝説」がまざりあっている。
どれがどれで、どの力が本物なのかわからずに、全てを恐れて弾圧しようとする宗教家たちが話に加わり、
原作での「ドラキュラVS悪魔ハンター」の戦いにくわえて、世界観が厚くなっている。


ドラキュラが科学にも精通していたことから、民衆に恐れられるだけでなく、ゲーム版のお約束だった「回転する歯車の上を進むステージ」に説明がついているとか、上手く考えらえてる!

そして何といっても、ムチさばきが見ていて気持ちいい。人間も魔物も容赦なく散らせて、時にはくるっと巻き付けて、物を取ったり、転落した人を引き上げたり。原作ではいくらでも使えたナイフを
「一回投げて、ムチで巻き付けて再利用」するアクション、自然に登場する手斧、聖水。

冷静に考えたら万能すぎるムチなんだけど、子供のころからの教育の成果で
「マリオがキノコ食って巨大化することは当たり前」
と思うように、
「ベルモンド家のムチなら万能で当たり前」
と思ってしまう。

さすがに出てこなかった、壁に埋まった骨付き肉が出てきたら歓喜だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

コメント


トラックバック

↑