PS4PROに買い換え! セーブデータ管理、正直な感想など


箱を開けたら真っ先にデータ移行の手順が書いてある。
起動したら自動的に前使ってたPS4を探しはじめた。かしこい子。

発売日から酷使したPS4から、PROモデルに買い換えました。
そろそろ動作音が気になって、小型にするのもなんだか寂しくて、ちょっと無理したぜ。
PRO+PSVRなんて貴族の遊びを、俺のような貧民がしていいのか。

期待していた清音化も、なかなか静かになった。夏場に暑苦しくなくていい。

「ほぼ無音」って噂も聞いたけど、それはウソだった。
なんだそれ!

DVDを再生すると、コトっ、てたまにドライブから音がするのだけ気がかり。
映画はネトフリ、アイドルならDMM、DVD観る機会も減った。ブルーレイがどうなるか未確認。



本当に静かで電力消費も少ないのは、小型化したもうひとつの本体の方だった。


PSVRは少し鮮明になった。だけじゃなくて、演出自体が追加されてる。
前はなかった、ちょっとした自然光のキラキラ演出が嬉しい。ヘッドギアを外した瞬間の、現実に戻る感じも好き。
「FFは絵だけ」の雑音を吹っ飛ばす快作「15」のVRコンテンツ「釣り」も発表されたので楽しみ。ファイナルフィッシング!

DSCN0595.jpg
VRでまず遊んでほしい「テザード」
ゲームプレイそのものには影響しないけど、PROでは金属から伸びる光が美しい。
PSVRは、久しぶりに映像で驚けるゲームハードだ。


一個だけやらかしたのは、旧PS4からのデータ移行。
効率よくしようとして、うっかり2つほどセーブデータ初期化しちった★ いたたた。

安全なのは、LANケーブルで丸ごとPS4同士をつないで丸ごとデータを持ってくるやり方。
ケーブルがなくても、時間はかかるが無線LANでも可能。
ていうか、そうするように手取り足取り誘導してくれるので従ったほうがいい。


僕の場合は、もう起動する可能性が低いゲームのデータはあらかじめ全部消した。
ディスクのあるゲームのデータも、オンライン上にセーブデータだけ保存してくれる
「オンラインストレージ」って機能があるから大丈夫だろうと思って全部消した。

これが間違いだった。
自分はこの、オンライン上のセーブデータを、自動的に上書きする設定にしていた。

新しいPS4PROで、セーブデータをダウンロードする前に「ニューゲーム」を起動して、
オンラインストレージ上のセーブデータをいちばん最初のものに上書きしてしまった。


最初にオンラインストレージからデータ持ってこようとしたら、「ゲームデータがありません」と拒否されるから、
ゲームデータをインストール後、プレイする前にセーブデータをダウンロードしないといけなかった。


普通のテレビでの画質や処理速度は、思った以上に変わらん。わからん。
薄型テレビに買い替えたときみたいに、4Kテレビに買い換える日も意外と早く来るのかなあ。

コントローラは昔のタイプよりボタンひとつづつがガッチリした感じ?
特に方向キーがしっかり。バッテリーも新品なのでよく持つ!

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村


E3の発表会、良かった。
アメリカの任天堂ファンが楽しそうだった。
ゲームが子供に与える影響はいろいろあるだろうけど、白人も黒人もアジア人も、いけてる奴ももてなさそうなデブもみんな楽しそうだった。
彼らは戦争もゲームの中でやるだろうし、外国人ともゲームの話で仲良くなるだろう。

関連記事

コメント


トラックバック

↑