シンエン新作「Fun!Fun!Minigolf TOUCH!」レビュー!

WIIUの発表やらバイオハザード6体験版やらVITAの新色やら、年末商戦に向けてビッグニュースが続いておりますけれど。皆様こいつの配信に気付いておりますでしょうか。

主要スタッフ3人!「凄いけど面白くない」ゲームを作ることで知られるシンエンの新作、ファンファンミニゴルフタッチ!3DS配信専用ソフトで500円。

前に作ったナノアサルトというゲームとは、浅からぬ因縁がある。なので配信されたと同時に遊んでみたんだけど…やっぱり「凄いけど面白くない」という点で全く変わってねえ!
毎回、映像と音楽面だけは凄いし真面目なゲーム作りをするチームなので、パターゴルフというジャンルとは相性がいいような気がしたんだけど。


R0011690.jpg
R0011689.jpg

こちらがゲーム画面。下画面のパターにタッチして引っ張り、タイミングよく放して打つ。
クオリティ高い音楽と、本物のように心地よい効果音。壁に当たったときの「コツ」、「コツ」音がいいね。

R0011688.jpg

日本のコースもありますよ。僕の目の錯覚でなければ、左手に見えますのは墓石といいまして、あまりゴルフ場などの娯楽施設には置いてないものです。


内容はだいたい想像していた通りのパターゴルフだけど、あまりにもコースが短すぎ。
穴のあいた壁などの障害物があって、その向こうにカップがある。もしくは途中が坂になっている。
コースの数は多いけどパターンは恐ろしく少ない。

そしてこのゲーム、壁に当たったあとのボールの反射角度が読みづらくて、障害物をくぐり抜けるのに何度も何度も失敗してしまう。壁に阻まれてOB出して、何度も何度もあきれたような女性のナレーションで
「おーびい」
と言われると、あまりにイライラして「キーッ!」てなりそうになる。てか、なった。
ゲームの性質上、OBか超ナイスショットかの二択になるのも大味な印象だし、これ子供が遊んだら何人かは3DS本体投げたんじゃないか。

トリックショットモードは面白い。
ボールをコインに当てて得点を稼ぐモードで、壁に当たるたびに倍率が増えていく。
これで壁に反射してからの動きが読めればビリヤード的な戦略を練って楽しめるんだけど、何度やっても自分の感覚通りに反射してくれない。ショットのタイミングが悪いのか、元々のゲーム上のクセなのかは不明。

ナノアサルトにそのまま使えそうなテクノサウンドといい、綺麗に飛び出して見える飛行機やメダルの絵といい、なんか力の入れどころを間違えたような「シンエンらしさ」は健在なので、500円なら珍しいもの見たさに購入してみるのもいいと思う。
けど、コースによっては本当にイラッとすることを覚悟してから買おう。




ちなみにシンエンさんは、ナノアサルトの初回特典に付いてた雑誌の中で「任天堂のHD機用にシューティングを準備している」とコメントしている。発売されたら、どうせつまんないんだろと思いながらも気にしちゃうんだろうな。
関連記事

コメント


トラックバック

↑