NETFLIX「伊集院光のでぃーぶいでぃー」レビュー 負け犬たちの善意に打ちのめされる、バラエティー版カイジ!もしくはダークナイト!

伊集院光が企画・制作したオリジナルDVD「伊集院光のでぃーぶいでぃー」シリーズがNETFLIXで配信中!
どれもDVDの容量ギリギリの分量で、低予算を感じさせない力作。

1「だるまさんが動いたらみんなバラバラの巻」

伊集院が、オーディションで選ばれた若手芸人に意地悪なゲームを仕掛ける。

部屋に案内された参加者たちは全員5個づつ「だるま」を持っている。
時間が来るごとに、他の出演者に匿名でだるまを送り付けることができる。
最終的に多く持っていたら、2作目に出演できない。

長年売れない芸人がやっとつかんだチャンス。
最初は「何もしないでみんな出演しよう」と、みんな静観するが、伊集院がインタビューして回り、不安をあおっていく。

印象的なのは終盤で動いた芸人「田代32」。

お人よしだが、40になっても売れる兆しがない彼。
チラシ配りのバイトをやったのに、給料未払いで逃げられたことを告白する。

田代が気になっているのは、ブレイク前の「バイきんぐ」小峠。
ともにバイト生活。ボウズ頭。キャラがかぶってる。
恨みはないけど、こういう所で人を蹴落とせない性格だから、つらい目を見てきた。

そして序盤から用意されていた「裏ルール」が参加者たちをパニックに。


2「酩酊ドミノハイパー」

カウンセリング必要なレベルの酒乱を集めて、ドミノをやってみよう!
おとなしい芸人が豹変して、年齢差のある先輩にバシバシ暴言を吐く。
「上下関係の厳しい世界でそれはダメ! 特に、長年くすぶってきた先輩相手にその発言、絶対ダメ!」
って展開が続き、ついに手が出る。
のりが「うわああっ…!」と腰を抜かさんばかりにビビるあの瞬間。怖いもの見たさで中断できない。


3「ラジオの魅力に迫りまSHOW!」

みんなで架空のラジオにネタ投稿をして、誰のハガキが読まれるかを競う企画。
現「メイプル超合金」の安藤なつが参加。
大喜利番組としても面白いけど、伊集院本人も参加することで、だんだん真剣な空気になっていく。

25年ラジオDJの伊集院は、大勢のハガキ職人のネタを審査する立場。
何千何万とボツにしている、「書く側」の苦労を目の当たりにする。
もし自分が面白いハガキを書けなかったら、ラジオDJとしての地位も自信も失うことになる。

伊集院が「本気で書いた悩み相談」は、作り話なのに、読み上げただけで涙する参加者も。

4「裸・裸・裸フィッシィングの巻」

昔ならOKだったテレビの悪ふざけを、あえて今やってみる!
チームに分かれて釣り船に乗り込み、魚を釣った数だけ相手チームの服を脱がせることができる。
2月の寒さの中でどこを観ても裸が暴れる、最強に頭の悪い企画。


5「ノンアルコールドミノ毒入りの巻」

ドミノと人狼を組み合わせたようなゲーム。
みんなでドミノを完成させる企画だが、中にいる3人の「裏切者」は、途中でドミノを倒した数だけ賞金がもらえる。

ミスなのか、わざとなのか。
途中で参加者を別室に送る追放選挙を行いつつドミノを進めるが、参加者が少なくなると時間内に完成できない。

完成に近くなるほど、「ここで一気に倒されたら終わり」の心理が働く。


6「体内時計でぴったんこの巻」

時計を使わず、それぞれのやり方で3分間を計測。
オーバーするとそれぞれの私物を台無しにされる、シンプルな企画。
優勝賞品は「吉野家牛丼100杯サービス券」
大喜びするみんなに、普段の苦労が感じられる。

バイきんぐ、安藤なつ、現「だーりんず」小田、オテンキ他、
伊集院のラジオを聞いているとよく出てくるメンバー総出演。

しかし、ルール決定後に、とある私物がシャレにならないほどの宝物だったことが判明。
プレッシャーでますますおかしくなる体内時計。3分ギリギリのミラクルを起こせるか。
全巻通してだけど、くせ者揃いの中で奮闘する「オテンキ」3人の好感度が上がる。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

特に好きなのはだるまさんとドミノシリーズかなー。
関連記事

コメント


トラックバック

↑