PSVRに「360チャンネル」対応!

一応VRゴーグルがなくても映像は観れます。
360チャンネル


イメージとしては、プラネタリウムで観るテレビ番組。
3D映像ではないので、「そこにいる」感はない。

グラビアアイドル系の番組が目立つけど、実際は女の子が超でかく映って、進撃される側みたいになってしまう。
VRとお色気は意外と食い合わせが悪い。解像度も荒くなるし。

第4のダチョウ倶楽部になって、間近でお約束の芸を見るって企画は、
バカバカしさがより際立っていた。
振り向くとスタッフさんが苦笑いしているのも味わい深い。

スピードボールを間近で見たり、左右に首を振りながらテニス観戦したり。
生放送で、実際のスポーツ中継がこんなふうに見れるようになったら、
横の観客見てて得点入れる瞬間を見逃した! とか多くなるだろうけど、それも含めて面白いかもしれぬ。


一押しは「アニマル調査団」

「ゾウの踏んだうどんはコシがあって美味しいのか?」
とか、変な企画をしながら動物の生態もちょっと学べるバラエティ。
普通の動物番組では感じない「動物の不快さ」があった。
正直いうと、近い!臭そう!

全方位映像なので小さい虫とか、ゴミとかも映り込んでしまう。
脱臭されてない動物本来の姿。

アンタッチャブル柴田らと同時にVTRを観るという形式なので、
「右にいる!」「足元!足元!」
とか、声が入ってくる。スタジオのみんなと一体感があってまた面白い。
再生数では、きれいに撮られた猫ちゃんに、圧倒的に負けてるんだけど。

熊本地震の被害を記録した映像。
「前後左右どこを見ても被害」で、ニュース映像とはまた違うショックがあった。
目の前には新しくて無事だった家があり、振り返ると古い家が倒壊してたりする。

レゴランドのリポートでは、話には聞いていた
「子供が楽しめる目線にあわせて作ってある」のが実感できた。
レゴの魚と本物の魚が共存する水族館で、レポーターが本物のサメに一番喜んじゃったのが笑えた。
関連記事

コメント


トラックバック

↑