クロスファンクションは好きだけど「ALBEDO」・・・

久しぶりにヘンの来やがった。
PS4で配信された「ALBEDO」
紹介ページ

昔のSF映画をリスペクトした世界観。
謎の爆発に巻き込まれた主人公が、身の回りの物を駆使して脱出を目指す。

分かりやすく言っちゃうと、世界観がドぎつくて操作性の悪い脱出ゲームというか・・・
どれだけ調整しても目が痛くなるグラフィックで小さ~いアイテム探し。
しんどいパズル。やりがいのない戦闘。場面が変わるごとに挟まるロード。
画面がガクガクして、一度アイテムが体にくっついてきたけど、バクなのかどうかもわからなかった。

トロフィーはガンガン獲れるので、それ目当ての人は買えばいい。
購入者の半数がプラチナトロフィー取ってるゲームを初めて見た。


ただ、ローカライズ担当の「クロスファンクション」は好きなんですよ。
ここの移植作業は全部丁寧。
セリフの日本語吹き替えもやるし、何よりゲームチョイスのセンスが凄い!

味のしない戦争ゲーム「タイニートゥルーパーズ」
謎のアルゼンチン産シューティング「project Root」
そして「ALBEDO」。

クロスファンクションという会社は、
「売れそうなもの」よりも
「日本にないもの」を優先してゲームを選んでいる気がする。

そこが、3DSに良質なゲームばかり持ってくるフライハイワークスとは違うところだ。

三振かホームランか。
だいたい、毎回頭を抱えているような気がする。

だから「ALBEDO」はぶっちゃけお薦めしないけど(笑)!
いつのゲームだよって思ったけど!事前の映像で面白そうだったぶん愕然としたけど!
次回もまた買う。
関連記事

コメント


トラックバック

↑