バイオ7でVR酔いに参る

VR酔いをしている。
認めなきゃいかんのかー。自分は酔いやすいと。
VR体験をめいっぱい楽しめる体質ではないと。

元々ぼくはゲーム酔いを全くしなくて、
3Dのゲームが出始めた時期、多くの人が「酔う」と言っても、意味がわからなかった。

だけど、VR酔いにはてんで弱い。
対策をしてあるバイオハザード7でもダメ。
前に進むと、そして止まるとダメ。脳だけ前に進もうとして、コツンと頭蓋骨の内側にぶつかっちゃう感じ。


ゲーム慣れしてなくてもバイオ7をやってる人がいるので、
いわゆる「ゲーム酔い」と「VR酔い」は別のものらしい。
そういえば心当たりがある。
自分は人より、公共の乗り物や、エレベーターでふわっとなる瞬間が苦手だ!


VR酔いは急停止と旋回で起こりやすいので、バイオは酔い対策として、その場で回転するときにスムーズに視点が動かず、パッ、パッ、と何度かに分けて回転する。
それでも厳しいってことは、視点固定型か、よほど酔い対策が進まないとVRゲーが遊べないってことか…?

今遊んでいる「つみきBLOQ」ってパズルゲームでは大丈夫だが、これは動かずじっとパズルを解くもの。
鳥になって自由に飛ぶことができず、高い機器を買ってチンパンジーの知能テストをしているとは、なんたる皮肉!

いやホント参ったな。VR体験しちゃうと普通のゲームも物足りなく感じてしまうし。
車酔いにはスルメやレモンのグミとかがいいと聞くけど、スルメの匂いがするゲームって嫌でしょ。
クラーケンと戦うときとか、イカ娘VRの臨場感を高める効果しかない。そもそも発売されてない。

「視点固定型だけど、アクションのような緊迫感を出すゲームシステム」
の発明を待つしかないのか。
とにかく、たいていのゲームは楽しめる自信があっただけに、参ったなー、の一言です。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント


トラックバック

↑