「ブレイキング・バッド」「文藝芸人」感想

3月20日「ブレイキングバッド」「文藝芸人」感想

今さら。

NETFLIXでブレイキングバッドシーズン1鑑賞。



「明日地球が終わるとしたら何したい?」
ってたぐいの質問があるが、
「静かに家族を集めて、ありがとうと伝えたい…」
なんて綺麗ごとを言わない人のドラマだ。


地味に地味に生きてきたのに、突然末期ガンを宣告された化学の先生が、
「もう知るかー!」と爆発。
完璧主義の性格と知識を生かして、最高純度のドラッグを作って、
足の不自由な息子と妻のために大金をつくる。

バイヤーとして不良生徒の1人をパートナーにして(こいつにとっては、大変な巻き込まれサスペンスだ)、
先生もサングラスをして、虚勢を張ってギャングに取引を仕掛ける。
優等生ほどキレると怖いというが、
負け犬人生最後のブチ切れっぷりが痛快。

俺たちが密かに考えていたけど結局できないことを、代わりにやってくれた!

「なんでこんなことになっちゃったんだよお」って困り顔で、どんどん悪の世界に染まっていく。
気が小さいため、死体の処理をまかされて「どうしよう…」と嘆いたり、ブラックな笑いが随所にある。
インテリがギャングに仕掛ける、科学知識を使った戦いも手に汗握る。
たとえ相手が強くても、不意打ちなら勝てる。もし仕留めそこなえば五体満足ではすまされない。



ほか、吉本芸人の文芸誌「文藝芸人」を読んだ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ナイナイ岡村が精神を病んだときの告白。
博多大吉による、地方芸人のリアル。
横澤夏子が語る同級生への劣等感。
森三中大島の、美人が語る形式の小説。

完成度よりも、意外な才能の発見を楽しみにしていたけど、
「この人の文章面白い!」と思った人はすでに出版経験がある。野沢直子さんとか。
笑い飯哲夫は三島由紀夫論を発表。読者を圧倒するしゃべくり文体は町田康みたい。小説も書かないかなあ。


あんたスゲエよ!と思ったのは、キングコング西野。
圧倒的ブレなさ。
自分が絵本をどうやってヒットさせたかをひとつづつ振り返っている。

絵は得意じゃなくても、ひたすらコツコツ書き続ける。膨大なアンチが勝手に拡散してくれる。
日本でインスタが普及する前から目をつけ、拡散しやすいように正方形の絵で描いていた。
売れたあとは、ぱーっと無料配信。このときも多くの人が反感と共にツイートしていたが、だいたい予想していたっぽい。
「とりあえず知ってくれなければ話にならない」
次はウォルト・ディズニーを倒します、と謎の宣言で締めているが、アニメの分野にも手を出すのか。

精神が病んだエピソードを明かしたナイナイ岡村とは対照的。
次に「しくじり先生」スペシャルをやるべき大物は岡村さん。

全体的な印象は思ったより地味というか、堅実。

次の「火花」「ドロップ」を作るぞー!ってノリではない。

TVとは違う発表の場を設けてみましたよ、って感じ。
紙でできた劇場。
関連記事

コメント

#-

ネットフリックスなら私立探偵ダークジェントリーお勧めですよ!

2017年03月21日(火) 09時39分 | URL | 編集

南 光裕 #-

Re: タイトルなし

> ネットフリックスなら私立探偵ダークジェントリーお勧めですよ!

おお、そういえばタイトル見覚えあります!

2017年03月22日(水) 03時01分 | URL | 編集


トラックバック

↑