2017年の「デッドオアアライブ エクストリーム・ビーチバレー3」レビュー

DOAX3公式サイト

格闘ゲーム「デッドオアアライブ」のスピンオフ(?)

リゾート島のオーナーになって女子にひたすら貢ぎ、好感度を上げて水着を着てもらうバカンス体験ゲーム。
2016年の発売当時は、上がりすぎたハードルに対してゆるいミニゲームと、高額な課金アイテムで不評だったが、アップデートとPSVR対応で、17年3月現在はベツモノ。

今レビューを書く必要があるのは、検索しても発売当時の、もはや存在しないゲームへの不満が先に出てくるからだ。

課金水着はゲーム内マネーで買えて、水着も受け取り拒否されづらくなった。
過激なヤツは30分にワンチャンスしか巡ってこないが。水着の神に祈るべし。

DOAX3の遊び方はオーナーしだい。
通常モードでは、のんびり女子とミニゲームをして、アイテムをやり取りしながら、到底集まり切らないコレクション要素を少しでも埋める。

バカンスに招待する子によって手に入る水着が違うけど、
一人がゲットした水着を、他の子にプレゼントすることで、ギャップのある水着も来てくれる。

課金によって強引に進める、「御多忙の方」プレイもできるが、
基本は「周回プレイによる、女子同士の横のつながり強化」で、自分だけのシチュエーションを作り上げる。

大人っぽい「エレナ」が好みでも、あえてロリキャラの「マリー」でプレイして
エレナと仲良し度を上げてレアな水着を送り込む、スパイみたいな周回プレイ。
だんだん、女の子の好みがわかって、無駄なプレゼントで1日を終えることがなくなっていく。

で、ひたすらプレゼントを送りながらミニゲーム。
出来はそこそこ。ラジオ聴きながらやるぐらいがちょうどいい。


そしてPSVRで、エロイムエッサイム!
集めた女の子と水着、シチュエーションを現実に召喚する。

通常モード
DSCN0324.jpg

VRモード
DSCN0325.jpg

視点変更した途端、俺は砂の中から顔だけ出てるくらいの位置で、
頭上をブランコがシューン!とかすめていった。
ブランコ超高いよ!どうやってあそこにくくりつけたんだ!


浮き輪の透明感。空気入れるところまで作り込んである!

格闘家としての彼女らの動き。あらためて見る、ちゃんとした演武。

コップの飲み口。開いた傘の骨が1本1本ある!普通のプレイではまず確認できない。

TVである程度遊んでから、同じ場所をVRモードで体験するので、
「こんなに違う!」
って驚きとリラックス効果を味わえる。

VRに対応しているのは鑑賞モードだけ。スタッフがVR酔いを考慮して、ミニゲームよりも静かなシーンを見るだけに絞った。
その選択は正しくて、水着とシチュエーションをシャッフルするランダム再生で、いつのまにか時間がすぎていく。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事

コメント


トラックバック

↑