アサクリはパルクールゲー、そして「ガラクZ」をだれかやってくれ。


前から「移動の感覚がなじめん!」と文句いってたアサシンクリードなんですけど。
映画版の宣伝で来日していた、監督の言葉で分かった気がした。

ゲームの「パルクール」を映画で再現することに力を入れた、というのだ。
暗殺ではなく、パルクールを重視するの?

パルクールってのは、海外のびっくり映像番組やYOUTUBEでもよく見る、街中をどこでも走っていくやつね。
手すりに飛び移り、壁を登って、障害物だらけの街中をひたすら走っていくスポーツ?パフォーマンスかな。

アサシンクリードって、ステルスと暗殺のゲームだと思っていたけど、
「古代都市でパルクールをするゲーム」
だったんだ。
そう考えれば、あの操作方法の意図がわかる!
ボタン押しっぱなしで、手に届く場所を勝手に見つけて、複雑な街並みを走って行ける。

オープンワールドにしたのも、ひたすら広い街を走り続ける楽しさを狙っていたのか!
そして地上に降り立ったときは、群衆にまぎれて何食わぬ顔でいると。
なんかするっと納得いったぜ。



「機動戦士ガラクZ」ファーストインプレ。

操作方法になじめない。(またか!)
ふわふわした挙動の宇宙船を、R2でアクセル、L2でバック。R1でブースト。L1でドリフト、□でドッジという、体験したことのない操作で乗りこなす。
基本操作すらマスターできない2Dシューティングは初めてかもしれない。

日本アニメのオマージュに溢れ、アニメで見覚えのあるミサイルや爆発の仕方をしているらしい。
ただ、ミサイルの弾数は厳しく制限され、そんなものを楽しむ余裕は全くない。
事前の宣伝で、バカで楽しいゲームを予想していたけどこんなにストイックだったとは…!

ふわーっとあちこちの岩にぶつかりながら進んでいくと、あっという間に虫に噛みつかれて最初から。

乗りこなせば、その先に楽しさが待っている気はするんだが、苦しい。
製作者は「スカルズ・オブ・ザ・将軍」なる、これも地味だけどこだわりを感じるゲームを作った人。
信用できる作り手だと思うんだが、ムッズイなあ。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

PSVRの予約受付を狙ってたけど一瞬で終わった。
まだ全然ほしい人にいきわたってないぞ!

俺も現実からあっちの世界に飛び込みたいんですー!って5万円を振って待ってたんだが、
「VR」って書かれた救援ヘリがこちらに気付かず、静かに飛んで行くのを見送る感じ。

仕事に繋がる文章もガッツリ書きたいのに、余裕がない。
意欲と焦りが両方ある。
関連記事

コメント


トラックバック

↑