クレイジージャーニー感想「爬虫類先生、マダガスカルへ行く 前編」

前回の放送が大反響だったという静岡大学教授、加藤秀明。

一見、博多華丸が誰かのモノマネをしているような、掘りの深い男前。
職業柄か、人に伝えるために一語一語ハッキリ喋る。
「爬虫類マニア」と聞いて浮かぶイメージとは違うなあと思うんだけど、先生には珍しいクセがある。

あまりの爬虫類好きのため、会話中でも珍しいトカゲが横切ると、
「会話キャンセル→トカゲにヘッドスライディング」
のコンボが暴発してしまうのだ。


前回の「幻の巨大トカゲを探す旅」でも、
「信頼できるか試すため、現地ガイドに爬虫類クイズを出題」
の図が面白すぎて、結局何を見に、どこへ行ったのか印象に残らないほどだった。


ただし今回の旅は、先生の存在感とつりあうぐらい、出てきたトカゲやカメの存在感も凄い。
興味のない自分でも
「たしかにこれは飼いたがる人がいるのもわかる」
と思える存在感。

爬虫類に興味がなくてもわかる美しさ。
そのせいで人間に狙われ、島固有のカメやトカゲは絶滅の危機に瀕している。
お目当てのカメも意外と簡単に見つかったけど、研究のために甲羅にはGPSを取り付けられている。


そこから先生とディレクターの、
マーキングされていないカメを探す旅が始まる。

「爬虫類だ!→追いかける→逃げられる」
旅の途中で何度も繰り返される一連のやり取り。
コントみたいになってるんだけど、このテンションがずっと続くのがすごい。

正直いうと、ちょっとうらやましい。
大人になると、思わず走りだしちゃうぐらい好きな物ってなくなる。

他の番組からの出演依頼が相次いだのは、
変人扱いして面白がりたいだけでなく、どこかで
「あんなふうに生きてみたい」
と思った人が多かったからではないか。

フルーツバット級のインパクトだった「カメの生殖器」とか、パンチの効いた映像でつかんでおいて、
終わったあとも、人間の身勝手で絶滅しそうな動物がいることがちゃんと頭に残る。
これは、他番組だけじゃなくて、講演や執筆の依頼も多数来ているだろうな…。

後編も、幻の生き物を探す旅が続く。




関連記事

コメント


トラックバック

↑