すました顔で、忘れていたゲームの興奮を呼び起こす「THE WITNESS」未クリアレビュー

「THE WITNESS」クリア寸前でようやく諦めてレビュー。 
日本版紹介ページ


まず
「全てを知っていても完全クリアまで最低50時間のパズル」
で、ボリュームに引いた人がいたら誤解だ。
実際はその半分でクリア可能。

自分が何者かもわからない主人公が、島中を歩いて、各地のパズルを解き、
わからなくなったら島を散策して、休んで他のことでもやって、また散策。

新ジャンル「オープンワールドパズル」は、
全問解かなくても、いくつかの仕掛けを作動すればゲームクリア可能。
宣伝にあった大ボリュームは、オープンワールドの全ての問題を制覇した場合だった。

DSCN0299.jpg

「パズル」は、スタートからゴールまで正しいルートで一筆書きでつなぐだけ。
最初はパネルに描いてあるのを解くだけだが、周辺の地形がヒントだったり、地形全体が迷路になったり、
ひとつのルールで徹底的に揺さぶってくる。

ファミコン、スーファミ時代のRPGでよくある
「序盤から見えるけど開かないドア」
「ヒントがなくて詰まっていた場所を突破した解放感」
を最新ハードで味わう。

DSCN0298.jpg


序盤の「木」がわかりやすい。
これ答えあるの?と思ったら、既に視界に入っていた木に、ひとつだけ果実が実ってる。
次の問題では、木の枝の数が多くなっている。
その先にいくと、木の様子がおかしい!
1問ごとにこちらの思考を読んでパターンを崩してきてる!

コントローラー、ペン、方眼紙で製作者とガチンコ勝負。
これぞインディーズゲームだよ。

何度も何度も行き詰まりかけては突破して、クリア寸前でわからなくなって
いよいよ完全に諦めて人生初の攻略動画を観たら、
「クリア寸前の一番難しい問題は、ランダムで攻略サイト使用不可だった」

俺の思考は読まれてるんだなー。
作者の手のひらで踊らされてるんだなー。

易しくはないけど、パズルや脱出ゲームが苦手な自分が、
何度も最高の達成感を味わえた。
とっつきにくい優等生みたいな印象は誤解!

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメント


トラックバック

↑