ただただこの旅が続けばいい「FF15」プレイ日記

「休日+大寒」=うちでゲームでもやるしかねえ!
の公式に基づいて、FF15プレイ日記。

3日前も同じことをしてやつれた表情になってたけど、今回はロード時間に筋トレをすることで運動をそれですませよう! 食事?レストランで食ったばかりだろ。あ、現実世界の話か。


C2VAINGUsAAuSb_.jpg

通行止めになってる地点が全て解放されたっぽい。
正直、かなり熱中してる!2000円上乗せして限定版買っとくべきだった。
アジアンテイストの屋台街もあって、店のオヤジにうまそうな焼き鳥をサービスしてもらった。
シェンムー3章どうなるんだろう。

15は気持ちよいアクションと成長要素が前面に出てて、
ストーリーや細かい設定は
「何となくしかわからない、気になる人は調べてね」。
だから、僕みたいに、過去のFFの世界観とストーリーに付き合うのが面倒だった人の方がハマルと思う。

正直に現時点の感想を言うと
シリーズ最高傑作!どころか、
今、唐突にぶちっと終わって
「この先みんな幸せに暮らしました。おわり」って展開でも2016年ベスト級!

ぐらい言いたいんだけど、そこまで言うと、これからやる人のハードル上げちゃうから我慢してる。

C2oR8qYUcAA3ykL.jpg

特に戦闘システム!感心しっぱなし。
基本、攻撃も防御もひとつのボタン押しっぱ。なのにちゃんとアクション。
「剣をびゅっと投げてそこにワープする技」
を考えた人天才か!これで移動も攻撃も回避もできる。

やってることはコマンド選択式の戦闘とあまり変わってない。
なのにちゃんとアクション。
飽きっぽい自分がずっと同じようなことやってるのに飽きない。
不思議な話もあったもんだこりゃ。


ファイナルファンタジー1はドラクエをライバル視して、あえて違う見た目とシステムにしたと聞く。
FF15は、過去のシリーズたちをライバル視して、あえて違うシステムで1から作り上げたんじゃないか。
そんな反骨精神を感じる。
単に「オープンワールドってのが流行だからそれでいこう」じゃないと思う。

「JRPGは終わった、昔のスクエニは良かった」
って声と戦いながら作ったゲームだ。

勝手にそう思いながらプレイしている。



関連記事

コメント


トラックバック

↑