そもそもキャンピングカーで旅するわけにいかなかったのか「FF15」プレイ日記

FF15プレイ2日目。


事前情報ほとんどなかったけど、なんて不思議なゲーム!

婚約者に会いにドライブする王子様一行。
まずオープンワールドでサクサク動いて、ジャンプできるのが新鮮。リアル系グラフィックのゲームでぴょーんと跳ぶのは少なくなってるけど、FF15はピョンピョン跳び、空中ダッシュでサクサク動く。

車での移動は運転を仲間にまかせて、歴代FFの音楽を聴きながら進む。
(僕の好きな曲、FF5の「ハーベスト」だと判明!)

運転中は妙にまったりしていて、スマホをいじったり、海が見えたら「海だ」
って騒ぎだしたり、なんか少年!
車でずっと移動するから「マッドマックス」かなと思ったら「ハングオーバー!」的な。
「結婚して大人になってしまう前の、最後の友達同士の旅行」
みたいな。


外を歩いてもモンスターと戦っても、別に強くなりたいわけじゃないのか「だりー」とか言ってる!
旅がメインなのも珍しいし、最初から婚約相手がいるのも珍しくない?

確かにアクションRPGとかオープンワールドなんだけど、感覚的には新ジャンル。
ぶっちゃけ、面白いじゃん!と言いたい気持ちより、
面白さと戸惑いが両方ある。


確実に面白いと思うのは、4人組の言動の数々。
船に乗るため港町に寄ったら、猫に真顔で話しかける。

「どうした?」
猫「……」
「腹へってるのか」
猫「……」

別に腹すかしてる様子もないのに、何でいきなり猫と会話始めたんだ!
真顔で見守る仲間たち。誰か突っ込め!
ドット絵時代なら不自然じゃないんだろうけど、すごい「おもしろい絵」になってる。
そこからノクト王子の趣味「釣り」が始まる。
ゼルダみたいにつりざお入手しないと…と思ったけど、最初から釣り具一式持ってた。

本編そっちのけで釣りばかりしちゃうぐらい凝ってると聞いたんだけど、
「釣り」は今のところ、そこまで面白いとは感じないかな…。
レストランに置いてあったピンボールみたいなゲームのほうが新鮮だった。

いちばん気に入ってるのは料理関係。
美味しそうなだけじゃなくて、いろんな場所でキャンプして、食材を買って、料理を思いついて。

その日のメニューを決めるときにメガネ君がパチンと指を鳴らすとか、料理関連が妙に面白い。
指を鳴らすと、ニンテンドースイッチの発表会を思い出す。
次は一旦車を降りて(車も乗せてくのか?)船旅が始まるぞ。


WVW69j_Ou3kvenf7zC.jpg
めがみめぐりも言葉を覚えるゲームなのに食事になると急にボキャブラリー豊富になる。



関連記事

コメント


トラックバック

↑