ニンテンドースイッチ「初めの一手」はワンツースイッチ!

須田51、プロレスネタを盛り込むのに夢中で「ノーモアヒーローズ」新作を正式に発表するの忘れる

ニンテンドースイッチ詳細が発表されました。
据え置き機で外にも持ち運びできるスタイル。コントローラが左右に分かれることで
対戦、協力プレイに力を入れてる感じ。

スプラ2、メガテン新作、ボンバーマン新作、スクウェア時代のRPGを思わせるもの、ファミコンやスーファミのゲームにオンライン対戦を足したものも出るとか。
価格は税抜きだがギリギリ3万を切ってきた。

部室にボンバーマンひとつ持って行ったやつがヒーローになれるな。
ドラクエヒーローズはHD振動で敵によって斬ったときの感触が違う。

ローンチはいろいろあるけど
「はじめてのWii」と「メイドインワリオ」的な「ワンツースイッチ」が、このマシンならではの機能を多数使っている模様。

(公式ページ)
音が出ます

画面じゃなく相手を見てプレイするゲームで、
・繊細な「HD振動」
・モーションコントロール
・形を認識するカメラ

を使ったパーティーゲーム。いい意味でおもちゃ的。

「早撃ち」でもちゃんと相手に当たってないとダメだったり、
コントローラの前で口をがぶっとやると、カメラが認識して、振動とスピーカーで「なんか食ってる」感じになるとか、
ミルクが溜まる感触がわかる乳しぼりとか
すぐ飽きると言われても一度体験してみたいんだよ!こういうのは!


あと、コントローラを机に置いて、トントントンと、包丁を動かすしぐさをすると、何もないものが切れた感じがするみたい。(紹介映像に一瞬映ってる)
この機能で何ができるか。
あと「龍が如く」の名越プロデューサーが登場したのにソフトの詳細を発表しなかったのはなぜか。

それは。
スイッチ版「龍が如く」で「エアー指詰め」ができるけど、
さすがにあの場では発表できなかったのではないか。


わりとマジで言ってます。当たりですよ。これは。
あとは、スマホと連動して子供のプレイ時間やネットを制限できる機能とかユニークなものがあったり、
一人やり込むタイプのPS4とうまく分かれた気がします。


Wii時代にあったようなモーションコントロール主体のゲームも、またぽこぽこ出てきそう。そろそろ1週回って新鮮に感じられる。体感ゲームっぽいやつ。

期待ばかり膨らんじゃうけど、これが全く売れなかったら、最悪の場合任天堂のハード撤退もあり得ると思う。
それは絶対ノー!でしょ。
発売日に買っちゃおうかな。
人柱wwwとか言われながら。
PS4が実際に発売日に買って人生変わったし、ゲーム機発売日買いのワクワク感を味わえるチャンスなんて人生にそう何度もないからね。
関連記事

コメント


トラックバック

↑