「キン肉マン」36話感想


目前の敵を一撃で粉砕する驚異の技「アイアングローブ」を持つクラッシュマンの弱点。
それは、後ろの敵に攻撃できない上に、アイアングローブが決まる前に顔面を殴られたら痛くて止まってしまうというものだった…。

なんだその分かりやすい弱点は!こいつどうやって今まで無敗で生きてきたんだ!
一見して怖い印象のクラッシュマンをぽこぽこ殴るブロッケン。
しかし「攻撃が当たる前に顔面を殴ればいい」ときくと一見簡単そうだけど、もしミスったら死ぬという条件でちゅうちょせずこれをやるのは怖いぞー。

スト4なんかの格闘ゲームで、スーパーコンボを発動した直後の敵もジャストタイミングで小パンチを当てれば止めることができる、みたいな状況はあるんだけど結局はミスしたら大ダメージになるのが怖くて、ガードして体力をジワジワ削られていくもんだ。この状況で的確にパンチを当てることができるのは上級者だぞブロッケン!

もう一人の完璧超人・マーベラスもラーメンマンの強烈な蹴り一撃でダウン。この二人はちょっと負けるところが想像できない。

クラッシュマン、まだ相手がブロッケンだから良かったけど、ラーメンマンが相手だったらキャメルクラッチでアイアングローブ一枚づつはぎ取られて「ギガ、ギガー」って言ってるだけの単なる変質者みたいにされてたな。
最新話はこちらから
関連記事

コメント


トラックバック

↑