12月のゲーム戦争にPS4「マフィア3」をあえて勧める!


ファイナルファンタジー15の評判が良い。
海外の超話題作と比べても、語る人の熱量が高い。
会わなかった人もいるだろうけど、おもしれー!!って言ってる人の声は超でかい。
ガラッと方向性を変えて評判もいいのは、往年のスクウェアを思い出す。いいなあ。



しかし、今回おすすめするのはあえてのR18「マフィア3」!
GTAのフォロワー。実在の街を舞台にしたオープンワールド。

自由に行動して、車を奪って警官をまいて、敵対勢力の支部を襲って、裏社会で勢力を拡大していくのが目的だ。

DSCN0280.jpg

この手のゲームって、刺激的なはずがだんだん作業的になりませんか。
広大な舞台はロードを長くするし、密度があって魅力的な人物がいるほうが楽しい。
各地のアイテム収集要素は、まだつぶしてないプチプチを一粒づつ探してるみたい。

そこにスパイスを効かせたのが、マフィア3の「実在感」

DSCN0275.jpg

1968年ルイジアナ州。
ベトナム帰還兵の黒人リンカーンは、恩人たちを殺し、自分も殺しかけたマフィアに復讐するため、裏社会でのし上がっていく。

冒頭から当時の実際の映像を使って、銃や車もおそらく忠実に再現。
戦闘中には汚い言葉が飛び交うし、カフェには
「有色人種お断り」
表示があって、店内でうろつくと通報されて、警察が集まってくる。

通りかかった車に銃を突き付けて運転手をおろす。
ド派手なアメ者のカーラジオから「ボーン・トゥ・ビー・ワイルド」が流れる。
警官を振り切って、周囲を巻き込んで疾走!

DSCN0279.jpg

主人公は悪だけど不器用で義理堅い。
戦争と差別がなければ、もっと普通の幸福な生活が得られたように思える。
設定を聞いたときよりは確実に感情移入しやすい。

ピリッとした難易度も特徴だ。
「イージー」で他のゲームの「ノーマル」ぐらいに感じる。
ていうかリトライのロード時間が欠点なので、イージー推奨。
銃を持った相手に正面から殴りかかってどうにかなる場面はあまりない。特に序盤キツメ。

出てくるメッセージや、訳しきれない言い回しを、100パー理解して堪能できる日本人は少ないだろう。
けど、銃のリロードの細かい動きとか、
古い車を発車するときのガタつきとか、随所の
「本物の材料を使用しております」
って感じ!


収集アイテムが本物の「プレイボーイ」や車雑誌「ホットロッド」など、文化を垣間見れるのも嬉しい。

DSCN0276.jpg

乳首だけ★マークで隠した、けっこうきわどい写真まで見れる。
キューブリック監督のインタビュー記事とか、車情報は、残念ながら文字量の問題で翻訳されず。
これまでのシリーズがそこまで日本受けしていなかったせいもあってか、ローカライズは完璧とまではいかない。カーラジオのおしゃべりも何となくしかわからない。

DSCN0277.jpg

だけど、アイテムを使うことで架空のルイジアナから本物を想像できる。

パッケージ版は観光パンフ風のでかいマップが封入。good!
関連記事

コメント


トラックバック

↑