映画「チリ33人」感想

最近の印象深かった映画。
鉱山崩落で生き埋めになった労働者33人が、2カ月間耐え抜いて全員救出された事件。
生存者33人の協力を得て、あの事件の知られざる真相が明かされるドキュメンタリー!



生存者の皆さんが監修して、これ!?って誰もが思う、笑いを取りにきてるシーンがあって。
国や労働環境を恨み、訴える内容じゃなくてややエンタメ寄り。

定年間近のおじさん、あだ名がエルヴィスの陽気な男、仲間はずれにされているボリビア人らが鉱山に入る。
みんなうすうす危険に感づいている、いつ事故が起こってもおかしくない鉱山だ。

すぐに、超ブラックな仕事場の入り口が崩落!
下層の避難所に、数日分の食料と共に閉じ込められる33人。
上に通じるはずのハシゴは途中で切れて、通信手段も稼働してない。

忠実に映像化したら、閉所恐怖症の俺を含むみんなどうにかなっちゃうので、
外の世界の美しい風景と音楽、犠牲者の妻と愛人の取っ組み合いなど、明るい景色を積極的に取り入れている。

これまでの経費のケチり方、聞こえてこないドリルの音。
助けがこないことを感じつつ、かろうじて「信仰とユーモア」で命をつなぐ。


地上でのおいしそうなチリ料理と、地中でのカンヅメとミルクの落差、絶望感が印象的だ。
コップの底に、わずかな飲み残しみたいなミルク。
ヘッドランプだけの空間でみんな真っ黒に汚れて、いよいよ見てられない息苦しさになってきた所で!
もうみんなこのまま地の底で死んでいくんだ…という絶望感に埋まった食卓で、
いきなり全員が「かあちゃんの幻覚」に助けられる。
それが突然のトンデモ映画臭全開。

みんなが幻の妻が作った巨大バーガーみたいなのにかぶりつく。
そのあとの
「新鮮なミルクだよ!」
は爆笑してしまった。死に直面した人の見たはかない幻覚、とかじゃない。
確実に笑いを取りにきていて、あの表現を許した33人の皆さんの心の広さに感動する。

助かることを知っていても、ドリルの先が見えた瞬間は嬉しくなるし、
一生のトラウマになる事件に違いないのに、あえてみっともない部分を映像化することを許した事実が凄えなあ、と思う。

こんなことが起こっても、それでも他の仕事を選べない人がいる事実、
「ブラック企業」ってワードが流行語みたいに軽く使われてるけど、他を選べない人が大勢いる事実、
根本的には何も解決していないけど33人みんな笑顔。

深刻な内容を覚悟していたら、思ったよりもいろんな感情が湧き出てくる。興味深い一品であった。
関連記事

コメント


トラックバック

↑