「パラッパラッパー」は90年代の明るさの象徴


俺はこの2作をやってないのに!
ライバルのセガサターン派で、こいつらによって、あの作品も、あの作品もプレステの影に隠れるのを見ていたのに!

それでも「パラッパとクラッシュ」のコンビを見て驚いた。
大嫌いな
「あの頃はよかった」
という言葉が漏れそうになったからだ。


「パラッパ」は90年代の光の部分。
ゲームがこれから凄いことになるぞ!という空気を象徴したキャラクターだ。


ゲームに、ボタンの数が一気に増えて、これまでにない「ムービー」なるものが流れて、どんどん内容は複雑化して、誰もが「ゲームが映画みたいになっていく!」と興奮していたときに、あいつは軽やかにやってきた。

任天堂の天下だったゲーム業界に、
若いセンスで、オシャレで、女の子に話題にしても引かれない、プレイステーションが殴りこみをかけた。
当時まだ新鮮だったラップにのせて、
「ボタンをタイミング良く押すだけでゲームになる」衝撃を与えた。

地味でマニアックな印象を持たれそうな「I.Q」「バイオハザード」「みんなのGOLF」も大量にCMを打って浸透させていく。
ゴルフゲームなんて、囲碁将棋ゲームと変わらないポジションだったのに!


映画「ゴーストバスターズ」が1作目以来いまひとつな評判だが、
あれは映画としての質の高さよりも、当時最高にイケてたコメディアンたち、SFXブーム、軽めのホラーブームが交差した80年代の奇跡だという。

「パラッパラッパー」は、
これから、今まで見たこともない遊びの時代がやってくるぞ!
という90年代の気分、複雑になっていくゲームに対する操作性のカウンター、王者任天堂に挑戦する武器がヒップホップという、
たくさんのミラクルが交差したゲームで、
「音ゲー」がジャンル名にもなって定着した今では、もうあの感覚は味わえない。


先日のPSカンファレンスというイベントで、噂されていたパラッパやクラッシュの新作は出なかった。
発表されたのはPS4世代の新キャラ「ナック」の続編。

「お前かい!!」と全世界のゲーム好きが同時に椅子から落ちる音が聞こえた気がしたが、それは正しいんだよ!
ナックはオーソドックスなアクションで、まだ伸びしろがある、パラッパは1作目の盛り上がりを越えるのが難しい。


12月5日本日、リマスター版「パラッパ」の体験版が配信されるようだ。
実はやったことがないので、当時サターンで何やってたか思い出に浸りながら(なんだそれ)プレイしてみることにしよう!



関連記事

コメント


トラックバック

↑