島本和彦「アオイホノオ」16巻レビュー

島本和彦「アオイホノオ」16巻が発売された。



主人公は芸大生時代の作者をモデルにした青年「ホノオ」。
あまり漫画は描かないが自分を天才だと信じ、あだち充や高橋留美子にも
「俺だけは認めてやろう!」と上から目線で評価する。

センスがないから漫画をやめるしかないのか、と思ったりもした。
(編集者にセンスがないから、自分が天才でも理解できないんじゃないのか、と思った)
それでも、豪快な屁理屈と負け惜しみを言いながら成長していく。

いつの時代にもいる「イタい若者」ホノオは、奇跡的に新人賞に引っかかってプロデビュー。
デビュー作が掲載された、82年の「少年サンデー新春増刊号」を、
あえて1ページ目から、作者が実際にしたであろう読み方で読んでいく。

六田登、高橋留美子、新谷かおる、原秀則。
原秀則「らぶらぶぽりす」は刑事もの+ラブコメ。
流行の素材を組み合わせた強引な展開だが、主人公のカッコよさで押し切る。
「俺には…怖くてこれを描く勇気はない!」
アマチュア時代には凄さがわからなかった原秀則が、プロとしてあらためて読むと「怖い」。

怖い物知らずだったホノオは、プロの洗礼を受けていた。

やる気を見てほしくて次回作のネームを書いても、編集者からは厳しい言葉が返ってくる。
片思いしていた女性には恋人がいて、仲間からは、パロディばかりやっていることをダメ出しされる。
根拠のない自信が、的確なダメ出しで折れていく。

夢だった漫画家になったことを褒めてもらいたいし、喜びを分かち合いたいのに。
せっかく練習したサインも、誰ひとり求めてこない。

さすがに大人しくなったところに、かつて才能の違いを見せつけられた同級生、庵野秀明がやってくる。
手には、ホノオのデビュー作が掲載された少年サンデー!
「よかったらサインくれよ」

庵野には才能があった。夏をアニメ制作につぎこんでいた。
それなのに、先に有名になったホノオへの嫉妬もなにもない。
「受賞したことはすごい。プロになることはすごい。だからサインが欲しい」
人間性は関係なく、作品だけで評価するドライな人間性。

ホノオも「サインくれよ」のひと言をポジティブに解釈する。
庵野は凄い奴だ。だから、俺の凄さがわかったんだ。
練習したてのサインを必死に書く。
「ちょっと待て!こっちに絵入りのやつも描くから!」

この巻が出版された2016年に、島本和彦は「シン・ゴジラ」を絶賛するツイートをして、
発声上映会にサプライズ登場した庵野秀明と握手していた。
庵野が古くからの友人だから褒めたんじゃない。ただ、作品が良かったことを褒めた。

1982年の「よかったらサインくれよ」に、島本から34年越しの返答だ。
「庵野!俺より面白いもの作るんじゃねーっ!!」

立ち直ったホノオだが、サンデー編集部では、この新人に任せることを諦め、原作者をつけて絵だけをやってみないかと提案する。
ホノオが組む原作者とは、「男組」「美味しんぼ」の雁屋哲。
こんな仕事を受けたら「なんだこの新人」と叩かれる。

デビューしてからずっと逆風だったのに、追い風が吹くときは制御できない勢いで吹く。
雁屋哲との仕事。
正直いって怖い。断りたい。答えを出せないまま16巻は終わる。

2016年の読者はこの後の展開を知っている。
島本和彦は1982年に、原作:雁屋哲「風の戦士ダン」なる漫画を連載している。
編集部が用意した高いハードルに、「挑戦させてください」と言うホノオの姿が今後描かれることになる。

今後のアオイホノオは、ホノオ青年が島本和彦という異端に変身するまでの「エピソード3」になる。
関連記事

コメント


トラックバック

↑