最近はまったDOAX3とかパックマンCE2とか

最近アメコミ映画を観るようになった。
観ている人には「今さら?」の話かもしれないけど、
日本型ヒーローは決まった姿に変身する。アメコミでは変身スーツを製造する過程が重要。
この対比が面白い!

アイアンマンは変身スーツを作るのが重要だし、フラッシュはオタクの友人にデザインを頼む。
最近すっかりお気に入りになったデッドプールは、
不死身の改造人間にされる際、醜くなった顔を隠すためにマスク。血が目立たないようにという皮肉を込めて赤いスーツを着る。



常にジョークを言いまくって敵ぶった斬り。観客にも話しかけるダークヒーローだけど、盲目の老婆とか、持たざる人には優しくて、生き様が男前なんだよ。良かった・・・
一番笑ったのは、ゲスト出演で、X-MENの中では主役級じゃない2人だけしか出てこないので
「制作費足りなかったんだろ!」ってところ。


ゲーム!
「パックマンCE2」レビュー。
DSCN0232.jpg

派手な演出と複雑なルールにアレンジされたパックマン。前作のCEに比べると衝撃は薄め、奥は深め。
相手を食うとき、敵の行列の頭からつかまえないといけないので、必然的に敵のルートに先回りすることになる。
ここをストレスととるか、戦略と感じるかで評価がわかれそう。
前作では自らやられようとしていた敵たちと、ちゃんと「食うか食われるか」の争いをしている。


「デッドオアアライブビーチバレー3」レビュー。

ミニゲームをこなして美女キャラの水着を集めるゲーム3。
やってみると不思議な構造で、俺が女の子に送ったプレゼントが返されてまた別のパッケージにつつんで違う人に渡して…
誰が誰目線で何をやってるのか、無駄にごちゃごちゃしてない!?
DSCN0234.jpg

慣れてくると、
何周もプレイしながらアイテムを集めたり、複雑なシステムと数値化されない好感度とにらめっこしながらやりとりするのは面白い。初代DOAから追加キャラ出てくれないかなあ。

「カニ」って何だろうと思ってたら食べ物扱いかよ。、これにゴージャスな包装して贈り合う絵面がシュール。
こころちゃんのやや不自然な気がする関西弁、全力で媚び媚びの一部キャラのボイスがつらいけど…
DSCN0233.jpg

今後、スポティファイなる音楽配信サービスが本格的に始まる。
それがゲームをしながら好きな音楽を流せるサービスなので、そのラインナップ次第では、ダラダラとポーカーで遊びながら音楽を聴くのもよさそう。
関連記事

コメント

#-

アメコミは主に正体を隠すためにスーツ着ますけど、昭和の仮面ライダーやウルトラマンは正体を明かすために変身してますからね。ある意味普段こそが変身した姿なんですよ。

2016年10月04日(火) 03時50分 | URL | 編集

南 光裕 #-

Re: タイトルなし

そうそう変身の理由が逆っていうか!そういうのに気づいた瞬間って、ああ面白いなあ、そういうことか、ってなりますよね。

> アメコミは主に正体を隠すためにスーツ着ますけど、昭和の仮面ライダーやウルトラマンは正体を明かすために変身してますからね。ある意味普段こそが変身した姿なんですよ。

2016年10月04日(火) 08時18分 | URL | 編集


トラックバック

↑