kindle unlimitedで「奇面組」「燃える!お兄さん」無料。ギャグ漫画の終わりは切ない。


月額1000円で対象本全部読み放題の、
キンドル アンリミテッドに加入して20日ほど経った。

どういう基準で対象作品を決めてるか謎(最近の本はほぼ対象外)なんだけど、たまに昔の漫画や雑誌がまとめて読めて嬉しい。友達の家で「燃える!お兄さん」が置いてあったら、買いはしないけどちょっと読みたいでしょ。



巻末のことばに「新人離れした画力」と紹介されている。同時代の漫画と並べると、確かに凄い。

僕が紹介記事を書いた「バーナード嬢曰く。」も対象。

アオシア書店:「バーナード嬢曰く。」

名前だけは知ってたけど読んだことなかった「すすめ!パイレーツ」「がきデカ」全巻対象。

リアルタイムで知らないので、これが当時どれほど衝撃で、どんな見方をされてたのか分からないけど、ストーリー漫画よりもギャグは耐久性が弱い。
登場人物が若くて「明るいなあ」って感じたり、女子が可愛くて、当時から画力が凄かったんだなあと感心したり。
普通にギャグで笑って読めることはあんまりない。


奇面組の終わり方はさびしい。



「奇面組の最終回」
と聞くと、そうそう「ハイスクール!奇面組」のオチ、あっけないんだよね!と思われるだろうが、
「3年奇面組」「ハイスクール!奇面組」のあとに、シリーズ3作目の「フラッシュ!奇面組」がある。
掲載誌がジャンプからガンガンに変わったのかな。

それが、別に勢いが衰えたような印象もないんだけど未完で連載が止まってる!
フラッシュ!はレビューもほぼ見当たらず。最後の方は、先生が家庭訪問で生徒の家に次々あがりこんでいく話。

何があったのかWikiで調べることぐらいしかできなかったけど、よくわからず。
作者の腰痛があったそうだけど、これっていうひとつの理由があるわけじゃなくて、自然にフェードアウトしていったっぽい。
登場人物たちは大人になることなく、ずっと本の中で青春時代のまま過ごしているような。

あ、読み放題対象じゃないけど「1,2の三四郎」は読んでて元気になった!
ギャグ漫画と紹介されてたけど、スポーツ漫画だよね。
関連記事

コメント


トラックバック

↑