キンドル読み放題サービスで「賭博黙示録カイジ」全巻開放!


品ぞろえが偏っていて、得なのか損なのか…のキンドルアンリミテッドですが、これは大きいのでは。

アオシマ書店:賭博黙示録カイジ

久しぶりに読む初期「カイジ」。
散々ネット上でネタにされたし、内容もわかったような気でいたんだけど、改めて読むと「こんなんだっけ!?」ってところが結構多かった。限定ジャンケン、3巻でもうこんな大勝負に突入してた!?

たぶん、昔は、絵や設定の物珍しさで手にとって、終盤は怖くてちゃんと読んでなかったのかな。今の方が楽しめた。
終盤になるほど過酷になるイメージだったけど、冷静に読むと鉄骨渡りだけがぶっちぎりで不条理だ。
「建築の手伝いをします、万が一事故が起きても私の責任です」と契約書を書かせるとか、何かあれば納得できたのかも・・・
って、突っ込み所の多さが作品の寿命を延ばしてるんだろうな。

「押せっ・・・!」
の声が、最初は周囲から聞こえてきたのに、だんだんカイジ自身の声になってるとか、再読ならではの発見も。

あと、Eカードで耳につける器具が出てきたときの
「面白かろう・・・?」
って言葉。
その後のイカサマサイコロを紹介するときも、班長が同じこと言ってた(笑)
面白くないわ!

そして最終決着。兵頭が悪のように見えたけど、勝負前、兵頭はむしろカイジに忠告している。
お前は絶対勝てないし、わしに歯向かうと大変なことになるから、引き下がったほうがいいぞ、と散々忠告して、あくまでも約束通りに利息を取り、刑を執行する。

とっさに思いついたトリックでわしは討ち取れる存在ではない、と言葉ではなくギャンブルを通じて示す。

最終戦だけ見れば、カイジ側が悪ともとれる。

今さらな感じもしますが、「上手い作品」より「他に似てない作品」の方が価値がある。
そんなことを考えさせてくれる一作です。
関連記事

コメント


トラックバック

↑