テレビゲームで処刑を命じる。

ドラゴンエイジ:インクイジションでは、冒険家にすぎなかった主人公が途中から一国の王になって、
いろいろ命じたり、武具の調達から城の飾りつけまですることになる。

スケールのでかさにとにかく唖然としてるんだけど、さっき唸ったのが、リーダーとして罪人の処分を決めなくてはいけないシーン。

城壁に、かつて敵対していたグループ。
DSCN0214.jpg

こいつ.

に、「ヤギの死骸」をぶつけられる。
敵の風習みたいなもので、向こう側にとってみれば意味ある行為らしいけど、こちらには全くダメージはない。

だけど、そういった態度をとる者にどう対処するかを問われる。
相手の言い分を聞いて、解放、投獄、処刑と選ばないといけない。

やってることの罪としては軽いけど、無罪にすれば「侮辱行為を許すのか」と思う仲間も出てくる。

かといって自分の手で処刑するのも嫌だ。
嫌だけど、処刑もなにも、アクションRPGなのでフィールドに出ればバンバン人型のキャラクターを殺しているんだよね。俺。

だけど、こうして改めて、敵の人格を見せられると、突然殺すのが怖くなる。
かといって、異なる民族が団結して、世界を滅ぼしかねない敵もいる中で、仲良しグループではいけないから、時には厳しい処分も必要になってくる・・・と、難しいことを問われている。
考えたことのないことを考える。面白い・・・
関連記事

コメント


トラックバック

↑