蛭子能収セールと目玉焼きの黄身いつつぶす?のこと書きました!

今回は早さはもちろん、休日をじっくり使って丹念に書いたり消したりして仕上げた。

蛭子さんの本100円セール中

自分で言うのもなんだけど
「目玉焼きの黄身いつつぶす?7巻」
レビューは割と手ごたえがあって。
読み返しても、量といい、中身の紹介といい、これくらいが正解かも!って気がする。
だからぶっちゃけ今回は普段より伸びてほしい。リンク先から、気に入ったら買ったり拡散していただければ嬉しいです。
(前もって言うけど、そのことで僕に見返りはありません。むしろこのブログ経由のほうがわずかに有る)

ハンバーガーの食い方しらない海原雄山と目玉焼き7巻レビュー


昔読んだ美味しんぼのハンバーガー回といっしょに紹介してるんだけど、美味しんぼも久しぶりに読むと新鮮で面白かった。

初期美味しんぼと目玉焼き~の併せ読み、いいです。
主人公とヒロインの雰囲気がちょっと似てて、でも扱ってる食品は、真顔で焼き鳥のタレか塩かを論議している。
美味しんぼの高度なパロディみたい。

「ダンジョン飯」と同じ掲載誌(だよね?)で、両方ともニッチな料理漫画なんだけど、かたや架空料理、こっちは最も試しやすい料理、ってことで差別化されてることに、今さら気付いた。

おそらく実在する「塩で食べるザルソバ」は試してみたい。
高級で香りのしっかりあるソバじゃないとだめかな。
天つゆなしで、塩だけで天ぷらを食べることはあるけど。


それにしても、電子書籍との付き合い方にだいぶ慣れてきた!
本によって紙と同時配信なのと、遅れるところがあるんだけど、地方だと紙の本が1日遅れになるので助かる。

紙と同時配信で、ややマイナーだけど今後もおさえておきたいのは、コミックビームと
ヤンマガサード。掲載作品一品ごとのクオリティでは決してメジャー誌にひけをとらない。
あとはコロコロアニキが配信に対応してくれまいか。オマケのミニ四駆とかいらないからさ…
関連記事

コメント


トラックバック

↑