真造圭伍「森山中教習所」とかカラスヤサトシとかについて語ったよ

DSCN0202.jpg


本日公開の映画「森山中教習所」にあわせて、原作マンガについて紹介文を書きました!

森山中教習所

同時発売に最新作「トーキョーエイリアンブラザーズ」2巻を持ってくるあたり、真造圭伍という作家を本格的にブレイクさせるぞ!って売る側も考えてるんでしょう。
で!トーキョーエイリアン2、もっのすごく良かった!

1巻が正直あまり読者に好かれようとしてない、嫌な感じの宇宙人2人の話で、2巻も突き放してくると思ったのに、めっちゃ面白くていい話になってた。
いいって連呼してもいいのに、盲目的なファンと思われそうでツイートを控えたよ。
東京の描き方が未来的じゃなくて、かといって古き良き暖かい世界ですよ~って感じでもない。
ちょっと突き放した感じ。この作家の空気感が出てきた。

リンク:カラスヤ、youtuberになる

カラスヤサトシがユーチューバーになる新連載については、本来の連載にあたるカラスヤ先生の動画自体が再生数なんとか3ケタぐらいで、
「あれ、もしかして、カラスヤサトシって僕が思ってるほどメジャーじゃない…?」

いや、全国の本屋に置いてあるし、この人、何年も面白い話を実生活からひねり出すから、とぼけたふりして本当にすごい人だ!
そもそもヤンマガサードって雑誌自体が認知されてないのか。(実は自分も知ったばかり)再生数が少なければ、
「げっ、全く見られてない・・・」
って、得意の自虐ギャグに持ち込む展開にできる人だから、連載が終わらないことだけ願ってます。
関連記事

コメント


トラックバック

↑