マンネリを突き抜けろ!PS4「トライアルズ オブザブラッドドラゴン」クリアレビュー

トライアルズという、横スクロールのバイクゲームがある。
LRボタンの押し込み加減でアクセル、バック。
スティックで体重移動。それだけで、何度も転落しながらコースの完走を目指す。

続編が出るごとにスケールアップして、
「トライアルズフュージョン」では空に浮いたコースをボタン一つで疾走したり、
逆に超繊細な力加減で、すぐひっくり返るバイクを乗りこなして、何百回もリトライしてクリアを目指すステージだったり。

「さて、やることはやりきったでしょ、次回作どうする?」
という段階まで来ていた。
これ以上この路線ムリでしょ。コースを凝るにもやりつくした感あるし、もっと難しくしても誰もついてこない。


そしたら先日、外伝?新作?
「トライアルズ オブザブラッドドラゴン」突然配信!

DSCN0173.jpg

トライアルズを一旦解体したような作りで、バイク要素は半分くらい、横スクロールアクション、ワイヤーアクションや各種乗り物の操縦まである!
ブラッドドラゴンの力を手に入れた共産主義者に対抗するため、双子が諜報活動をする…みたいなよくわからないストーリーがある!
DSCN0172.jpg


舞台はベトナム、新宿、宇宙まで広がり、ずっとサイケな演出が続く。
普通にクリアするだけなら大幅に難易度は下がっているけど、やりこみ要素はちゃんとあって、激ムズの隠しコースもあるし、スコアによって、最初に3匹の中から選んだ「インナーモンスター」を進化させることができる。
DSCN0170.jpg


悪魔の術に苦しめられたり、日本は意図的にメチャクチャな描写になっていて、戦いのカギを握る忍者戦隊と戦うことになったり。
最初から最後までドラッギーというか、クールだったシリーズが、ここまで違う方向に振り切ったか!と感心した。
DSCN0169.jpg

このゲーム単品でも好きだけど、これまでのシリーズでお腹いっぱいになっていた人でももう一口いけそう。かな?
「こんなのトライアルズじゃねえ」って意見もあるかなあ。ぜひこの挑戦をもっと多くの人に知ってほしい。
お気に入りはジェットパック。
「アストロロボササ」みたいな(知ってるのかみんな)不思議な操作感覚で、最初は全然進めないけど、慣れたらスムーズに行ける感じがいい。ルートの分岐もあるようだし、シンプル操作で奥が深いつくりはずっと変わってない。
関連記事

コメント


トラックバック

↑