須田剛一×竹谷州史の漫画「暗闇ダンス」レビューが掲載されました!

こちらです!

エキレビ!「暗闇ダンス」レビュー
本当は掲載直後に拡散しないといけないんだけど、眠りの世界へ落ちてしまいました。


WVW69i2swXAe2C7eOo.jpg
ピカチュウ先生も納得!




先月初めてエキレビ!でクレイジージャーニーについて書かせていただいて、なかなか苦労したんだけど…
喉元すぎれば熱さ忘れる感じで、普段より多い反響や関係者の方に読まれた喜びですっかり喉元が熱くなるのを忘れちまって、すぐに次のレビューを書きたくなったんです。

しかも今回は、作品チョイスから、見出し文、どこを太字にするかのチョイスも自分で!
なんか、ライターって感じがする!

…そしたら一週間ぐらいかかってしまった。

「一週間もかけてあの1ページだけ?」
と思われそうだけど、普段の生活があって、寝る前についネットを見たりするムダな時間をレビュー書きにあてたんです。
1週間ぶっ通しで書いたわけじゃなりません。

気に入ったマンガだったから助かった!
もし仕事から帰って疲れた状態で、つまらない作品のレビューを延々と書いて直して…が続いたら心が折れる!


ライムスター宇多丸の映画レビューってご存知ですか。
ラジオで映画一本30分で語るために、原作関連本も全部読んで原稿作って生で喋るやつ。
あれが、初期はわざとつまらない作品をけなしまくって話題になったけど、最近は話題作の真っ当なレビューが多くて。

「実写化作品をボロボロにけなすのが面白いのに」
「宇多丸は業界の圧力に屈して、悪口言わなくなった」
なんて声もあるらしいんですよ。

それは怒られるからじゃなくて、「そうしないと無理」なんじゃないか。

嫌いな映画をわざわざ繰り返し観て、悪い点をピックアップして叩く。
それが楽しいときもあるけど、延々とそんなことをしていると、映画に対する姿勢が歪んでしまう。





「最近の須田ゲーはちょっと…」
と、思っていたのに新作が出ればやっぱり気になる。
ゲーム好きにとって須田剛一という人物は厄介で、失望しても期待することを止められない。
これって・・・恋?

そんな方に、ちょっと昔の須田の切れ味再び。
関連記事

コメント


トラックバック

↑