ゲームでテンションが上がらない1月

俺、ちょっと匂ってませんか?
首元とかから、ほら、
ブログから遠ざかりそうな人の匂いがしてませんか?

忙しくなったことを匂わせる記事があって、以前より更新頻度が落ちて…いつの間にか宣伝が出てて、
「この家の主は幸せになったのか、それとも…」
って感じの空き家になる。

あれ、ちょっと寂しいんですよね。いっしょに遊んでいた友達が自分を置いて大人になってしまったみたいで。

最近ゲームプレイ日記の更新がないのは、ぶっちゃけ何か書きたくなるのがないんです。
PS4の「ハードウェア ライバルズ」
3DS「学友運命共同体」
だいたいPVで想像したものそのまんま。
期待を大きく上回るか下回るかすれば何か書きたくなるんですが…今のところ楽しみなのは名探偵ピカチュウ。

ただ、「ハードウェア ライバルズ」は、単純に戦車で撃ち合うゲームで、初回プレイだけで「ああーこういうのね」で終わっちゃった人もいそうだけど、こいつ毎回起動するごとにアップデートで新しいルールが追加されたり、操作方法が変わったりして、違う顔になってるですよ。ざわちんか。
関連記事

コメント

狩猟の仕方 #-

プレイ後記事に書かれなかった作品で個人的に結構気になっていたのはハンティングアクション初経験と仰っていた討鬼伝(自分はPSP版の体験版のみプレイ)とドロップゾーン アンダーファイヤだったりします。

討鬼伝はルールやシステムこそジャンル相応なものの、プレイヤーキャラの方向転換が鈍いなど操作感は同ジャンルの他作品と比べて少々違うので経験者としてはかなり抵抗があったのですが、未経験者の場合はどう感じるのだろうという関心が。

ドロップゾーンに関してはツイッター上で「ぬめっとしたパイロットウイングス」との一言だけ見かけて、それは自分も序盤では似た感想だったものの、11面以降印象が激変。
ゲームデザインと合致したスピード感を伴う内容になっており、20面を越えた頃には夢中でリトライする有り様。
なので最終的にはどこまでプレイされたのかなとちょっと気になっていました。
世間的には所謂テヨンジャパンらしいネタがそれほど目に付かなかったという意味で期待外れだったというのはあるかもしれません…
(多くの人が気付くまでプレイしなかったであろうだけで、実はボイスの男女逆とか壁登りとか細かいネタはあったんですけどね)

2016年01月28日(木) 19時47分 | URL | 編集

南里 #-

Re: タイトルなし

お察しの通り、ドロップゾーン、討鬼伝も序盤だけしかやってないんですよ。
それどころか積みゲーはしない主義だったのに、
正月セールで買ったゲームが手をつけてないまま。無料ゲームも配信されてくるし。

「途中まで遊んで、別につまらなくないけど何となくやめました」
って書いても、ファンの方をイラッとさせるだけだろうし(笑)


> プレイ後記事に書かれなかった作品で個人的に結構気になっていたのはハンティングアクション初経験と仰っていた討鬼伝(自分はPSP版の体験版のみプレイ)とドロップゾーン アンダーファイヤだったりします。
>
> 討鬼伝はルールやシステムこそジャンル相応なものの、プレイヤーキャラの方向転換が鈍いなど操作感は同ジャンルの他作品と比べて少々違うので経験者としてはかなり抵抗があったのですが、未経験者の場合はどう感じるのだろうという関心が。
>
> ドロップゾーンに関してはツイッター上で「ぬめっとしたパイロットウイングス」との一言だけ見かけて、それは自分も序盤では似た感想だったものの、11面以降印象が激変。
> ゲームデザインと合致したスピード感を伴う内容になっており、20面を越えた頃には夢中でリトライする有り様。
> なので最終的にはどこまでプレイされたのかなとちょっと気になっていました。
> 世間的には所謂テヨンジャパンらしいネタがそれほど目に付かなかったという意味で期待外れだったというのはあるかもしれません…
> (多くの人が気付くまでプレイしなかったであろうだけで、実はボイスの男女逆とか壁登りとか細かいネタはあったんですけどね)

2016年01月28日(木) 22時30分 | URL | 編集

狩猟の仕方 #-

いえ、若干失礼かなとも思いつつの質問にわざわざ返答して下さってありがとうございます。
特にドロップゾーンはネット上でまともに感想を見かけなかったので…自分の感覚がおかしいのかもしれないと不安になり気掛かりでしたが、おかげで少し安心です。
やはり初期設定の操作性の悪さや本質的魅力が伝わりようのない序盤のステージ(全110面のうちわずか10面なんですが)は辞めてしまう要因として十分そうですね…
個人的にはテヨンジャパンのイメージを覆す程の力作だと思ったのですが、後にセールが来た時にでも再評価される可能性を僅かながら期待するとします。

2016年01月29日(金) 00時16分 | URL | 編集


トラックバック

↑