心に風が吹き込むような。片桐はいり「グアテマラの弟」感想


WIN_20151118_145749.jpg

片桐はいりという人の活動に詳しいわけではないけど、この人のエッセイが面白いという話を聞くと、読む前から「あ、そうかも」という不思議な説得力があった。

実際に文章も、書いてある出来事も新鮮で上品。
仲がいいのか悪いのかわからないまま日本が合わなくてグアテマラに移住した弟のこと、
最後まで海外を知らずに亡くなった親のことを、ちょっぴりセンチメンタルに、でも決して湿っぽくならないように書いてある。

原色にあふれた市場。テレビのニュースでも数分遅れて始まるゆったりした時間。
ナンパに熱心で明るいようでいて、アメリカに密入国して過酷な仕事をしないといけないこともあるグアテマラの若者。

そして、ここが他のエッセイストと違う点だと思うけど、
「それに比べて日本の若者…」
とか
「このようにグラテマラの社会は貧困で…」
とか、余計なことを言わない。
ただ、異国の人々がいて、見慣れない生活があることが面白い。

自分が旅行エッセイを読み始めたころの新鮮な驚きが蘇ってくる。

毎日同じ繰り返しの生活をしてるといつの間にか思考が閉じちゃって
「このまま狭い世界で老後の心配しながら一生を終えるんだ」
とまで考えそうになるけど、一冊の本で世界の広さを知って、実際に旅に出なくてもなんとなくすっきりした、胸に窓ができたような気になる。

日本のエピソードもユニークなもの揃いで、特に、食い意地が張って常に爪楊枝を持ち歩いていた父の最後のお別れに、泣きながら棺の中の父に大量の爪楊枝を投入したエピソードが泣けて笑える。

読んだ後は、離れた土地に暮らす姉弟や親友のことを自然に思い返した。
普段熱心に話し合ったり、信頼を確認したりすることもないけど、何かのキッカケでふと思い出す。どこかで繋がっている。
作家の凝った文章とも違うし、素人が書いた「粗削りな面白さ」とも違う。オススメです。




古本で1円から。「わたしのマトカ」はムーミンの地へ旅をしてます。

関連記事

コメント


トラックバック

↑