改めてPS4「アルメロ」紹介。AIをより遅くするオプションなど大幅アップデート!


僕がさんざん推してきたけど盛り上がらなかったPS4DLソフト「アルメロ」が!
大幅に遊びやすくなり、値段も再び安くするサービスでリベンジ!

内容以前に字が小さいとか翻訳がおかしいとか、小さいところで損をして出だしでつまづいたゲームなので、連休中に変わったゲームがやってみたくなった方はこの際にぜひトライしてみてください。

CULnK1YUwAEdsq0.jpg

個人的にはアップデート前の
「いかにも海外製のとっつきにくいものに触れる」
感覚も好きなんですが、やはり一番の問題だった
「そもそも字が小さすぎてテレビが小さいとプレイ不能」
という内容が改善されただけでも大きい!

どんなゲームかを改めて説明すると、弱っていく王様に成り代わって倒すか尊敬を集めて次の王を目指すゲームです。
ボードゲームの形をしています。しているけどお友達を招いて遊ぶには全く向いてない。ルール把握で初日は終わります。

短めのシミュレーションゲームのような感じで、ルールを理解して毎回変わる過程を眺めつつトロフィーも集める1人プレイが面白い。

各キャラの「知恵」の数だけ毎ターン、カードが配られるんだけど、多くのカードを使うゲームと違って、ガンガン消費していっても毎ターン最大までカードが配られるので、

「いかに手元のカードを消費していくか」
というのが面白い。
カードを捨てることはできないので、使いようのないカードは戦闘時に捨てる。罠カードは自分から離れた場所に積極的に設置する。
かといって無駄に消費していくと罠にかかったりするんだけどねー!

他にも、カードの追加、□ボタンで説明が読めるようになってカードの説明で世界観の深みをつくる演出追加、
毎ターンごとにあるライオンの遠吠えが超でかくて近所迷惑、寝付いたガキも起きるわい! という不満にも対応してライオンの咆哮が小さくなるなど細かい調整も完備!

そしてコンピュータのバトルを簡略化しないでいちいちリアルに鑑賞できるモードも追加!
これはひたすらにテンポが悪くて悪くて、こんな要素をいちいち追加しますか、とビックリした。
しかし
「ウチのゲームは見えない部分でも雑にすませてないんだ!」
という主張にも思える。

僕はゲームがアップデートで内容を変えたりするのは「大変そうだなあ、そこまでしなくても」てぐらいに思ってたけど、どうやら今後もルールの追加などをアップデートする予定があるようだ。

アップデートには、失敗に終わりかけたゲームの
「泣きの一回」的な再挑戦の機会でもある。
コンティニューするかどうかを選べるのはプレイヤーだけじゃない。製作者もだ。
関連記事

コメント


トラックバック

↑