「友達を作ってからゲーム」の時代から「ゲームを買ってから友達作り」の時代へ

PS4アップデートで「言語別、ソフト別にコミュニティー作成」機能が追加されました。

友達を作ってゲームに誘う時代から、
ゲームを買って友達を作る時代に。

WIN_20151003_164448.jpg


今はまっている「アルメロ」だとこんな感じ。

ボードゲームは、一人プレイでもけっこう遊べるんだけど、同じ言語の仲間と繋がれば一層面白くなる。

だけど~僕には友達がいない~。
君に~、聞かせる腕もない~。
なのでオンライン対戦を推しているゲームなどは本来の楽しさを100パーセント味わえない損した気分になるよー、買うのに踏ん切りがつかなくてフリープレイ待ちをしちゃうよ…と、そんなみんなに朗報!
これからはゲーム起動アイコンから下ボタンを押せば手軽にコミュニティーを作って、目的や言語別に仲間を作れるぞ。

ガチで上達を楽しむ人たちと、無線でラグも発生するけど気にせず気楽にとか、ある程度同世代でやるとか、プラチナ目指して真剣にとか。

これからは、ゲーム内のチャットで
「あ、あの、はじめまして」
とかやる必要がない!
英語の集団に一人入ってなんか気まずいような、歓迎されてるような…と戸惑うこともない!

思ったのは、ゲームって読書するように無言で画面と向き合うものだったけど、今後は多少の対人コミュニケーション能力があったほうがずっと楽しめるゲームが増えてくるんだろうなあ。
慣れれば絶対楽しいし、ボイスチャットで共闘して大きな目的を達成する楽しさも味わってみたいけど、まず
「手を動かしながら口を動かす」
ことができない(笑)
長年、ゲームは無言でやるもの!ごはんは黙って食うもの!と習慣づけられてきたんだから。

実況プレイを見てよく思うけど、手と口が同時に動いてそれぞれ達者な人はすごい。


子供のころに、金持ちの家に遊びに行ってマルチタップ使ってボンバーマンで多人数対戦やったことあったけど、みんな
「よっしゃー」「おらー」「くそー」
の3つぐらいしかしゃべってなかったな。
原始人の子か。

今のゲームで、相手側から明らかに大人の低い声で
「よっしゃー」「おらー」「くそー」
しか言わない人がいたら、怖いだろうな。
原始人の親か。
関連記事

コメント


トラックバック

↑