9月の出費とSW


9月のかんたんなまとめ。
忙しくて遊ぶ間がなくて、とてもストレスのたまる1か月でした。
僕は疲れたら仮想空間に逃げ込んで現実を忘れないとストレスにつぶされる。

ゲームはボートトゥプレイの「グロウホーム」「アルメロ」「ゾンビバイキング」
この試み自体も面白かったので第2回目もあれば全部買ってレビューします。一番繰り返し遊んでるのはアルメロ。

PS4のアップデートで10秒以内の動画ならツイッターに直接アップできるようになりました。
これを使ってちょっとは隠れた名作をピックアップしていきたい。

3DSはいよいよパッケージどころかダウンロードソフトもほとんどやらなくなってしまった。
バイトくんに毎朝会いに行くだけかな。
今月は、ちびロボ買うかもしれません。



実写のコンセプトをなんらかの形で受け継いだゲーム、出ないかな。

3DSを使ったリアル脱出ゲームも面白かったけど、あれって、
「だれでも楽しめる」と
「脱出成功率数パーセント」
の両立のために、最初はかんたんにして最終問題だけぐっと難易度を上げたり、答え合わせできないようにしてるのかな。


マンガは「クローヴィスのクロニクル」を買いました。


僕はよく知らないのですが短編の名手「サキ」のコミカライズ。
すごく意地悪な「一休さん」的な人物が周りの大人たちを引っかき回す。ストーリーの面白さより、当時の言い回しや雰囲気を楽しむもの。
いつも鍵がかかっている倉庫に忍び込んで、中にある絵に描かれた人物について空想をめぐらせるエピソードがあって、それだけ特別にお気に入り。

あとはシルバーウィークにスターウォーズ旧三部作を観ました。意外と日本では観たことない人いるよね?
名作だと言われつくした映画をしずかに観ると、たいてい予想より退屈なんだけど、面白かった。
名前だけしか知らなかった登場人物が次々出てくる。

何より、三作もあって、ジェダイとかフォースってものが何なのか思ったより説明がなかったことに驚きです。
音楽やデザインの奇跡的な組み合わせだったり、それはもう過去に何万回と語られたんだろうけど。

映画に関しては子供同然だから、CGを使わないころの、特にSF映画が新鮮で面白くてしょうがない。


なくなりかけたものを、残すのです。

10月はたっぷり現実逃避して、たくさん遊んで、ストレスのない月にすることと、腹筋運動を忘れないことが目標です。
関連記事

コメント


トラックバック

↑