1997年春の東京ゲームショー

散らかした部屋をなんとなく片づけていたら、97年のゲームショーを扱ったセガサターンの雑誌が目に入った。
これを、逃避行動ではなくあくまでも部屋の片づけ後半戦のための戦略的休息として読み始めたんだけど、なかなか興味深い内容だった。

WIN_20150921_170444.jpg

3日間の来場者は12万人。
去年一年間は、サクラ大戦、パラッパラッパー、ポケットモンスターという、多くのフォロワーを生み出すタイトルが各ハードで発売され、今後もゲーム業界は発展していくだろうと書いてあるのに、セガ陣営には「スーパーロボット大戦F」以外にあまり弾がなくて、「稲川淳二の百物語」とかが期待の新作として紹介されている。

「やだな~、やだな~、来季のセガサターンの新作に稲川しかないの、なんだかやな感じだな~」
と編集者も言いながら記事にしていたのかもしれない。というか、稲川さんの怪談ってちゃんと聞いたことないんだが、いつごろから有名になったんだろう。

他に取り上げているのが、BASICなど遊ぶ側から作る側に回るためのクリエイト系ソフト特集。
実写版「ときメモ」の始動、
等身大綾波レイ28万で販売開始、
機動戦艦ナデシコのゲーム化ほか、
今一周回ってリメイクや再評価されている作品が多い。このくらいの周期で回っているのかゲーム業界。

WIN_20150921_170558.jpg


WIN_20150921_170434.jpg

ときメモとラストブロンクスの実写化を、すがすがしいほど目出たいこととして取り上げている。

ゲームとアニメは「普通の大人が相手にすらしないもの」で、それが一般的なメディアである音楽や映画の世界にデビューできた!
大人たちに相手してもらえた!という感じ。

あ、あと桃太郎道中記がある。
サターンで発売された、江戸時代が舞台の桃鉄。
そういうのあったんです。

桃鉄とかゴエモンとか、有名シリーズの続編が出なくなることを嘆いている人は、そのシリーズの一番輝いていたころだけ覚えていて、その影にいくつも失敗に終わったものがあることを忘れていませんか?と思う。アドベンチャーロックマンを忘れてはいませんか? あ、元から知りませんか。そうですか。
関連記事

コメント

児斗玉文章 #Uo0iKJvQ

No title

単純な続編より新規のファンを求めて冒険するのは好きです。
でもその手のゲームは公式の年表にも載ってないことも多いという…

2015年09月25日(金) 19時17分 | URL | 編集


トラックバック

↑