3DSカメラはここが凄い!「飛び出す虫刺され薬」

3DSのカメラ機能なんか初めて使ったけど、これは使ってみないとわからない可能性がある。
今回のテーマは、にわかカメラ好きにこそ読んでほしい「3DSカメラのここが凄い!」

1、カッコ悪い変わりに威圧感がない

カメラという機械から放たれる攻撃性が、3DSにはない。
ちょっと知識のある人なら誰でも、街中でカメラを構えている人に警戒心を抱くはずだ。
あれで撮られると拡大も編集もできる、ネットを通じて世界にばらまいたりできる、ということをみんな知っている。
携帯電話についているカメラが進歩した現在、デジカメを持っているというだけで「撮影に異様なこだわりがある人」として見られるかもしれない。
それが3DSならいかにもオモチャだし、改善してほしいんだけど画素数もメチャクチャ低いので
「私は遊びで写真を撮ってますよ」
という感じを全身でアピールできる。一眼レフで撮影する場合、恥ずかしいのは被写体だと思うけど、3DSカメラの場合、取る側の方がなんか恥ずかしかった。そのおかげで被写体(猫だけど)はリラックスした姿を見せてくれた。

2、技術が必要ない

カメラの専門知識が必要ない。不思議なもので、カメラというのはオートでもきれいに撮れる機種だと物足りないし、マニュアルだと面倒くさい。
それが3D写真になると、プロでも子供でも、みんな同じレベルになる。
どうすれば立体的に見えて、何を撮れば面白いのか。まだまだ手さぐり状態なのが面白い。

3、身近な物を撮っても面白い

これは3D写真が新鮮な今だけかもしれないし、自分だけの感覚かもしれないんだけど…
僕は、デジカメの中でもややマニアックなGRというカメラの大ファンだ。それで撮ってみたいのは、美しい風景だったり、スポーツの名場面だったり、美男美女だったりする。
けど、ニンテンドー3DSカメラでまず撮ってみたのは、ペットボトルとか、まねき猫とかになる。
しょうもない物を最新技術で撮影して飛び出す面白さは、やってみないとわからない。

4、ゲーム内にも反映?

撮影した写真はゲームに登場する可能性がある、という解説文がさっき出てきた。
今回撮った虫刺されが、忘れたころにアクションゲームの背景に登場するんだろうか。こういうのは任天堂が得意とするところなので期待している。

5、3D写真のアップロードは思ったより簡単

3DSでネットに繋いで、普段ブログに写真をUPするときと同じように写真を選ぶだけです。
一度やってみてください。

6、デジカメを持ち歩かないですむ

当たり前である。ミュージックプレーヤーも持ち歩かないですむし、歩数の記録が残る。
同じイヤホンで試したけど、3DSの音質はipodシャッフルは確実に越えている。
僕は散歩/ジョギングが好きだけど、ウエストポーチの容量には限界がある。一つでも持ち物を減らしたい場合、小銭と3DSだけでいいような気がしてきた。問題点はやはりバッテリーか。

今回は虫刺されの薬を最大限に飛び出させてみた。
3DSのインターネットブラウザーでタッチすると飛び出して見える…はず。

HNI_0021_MPO.jpg
こんなしょうもない写真、普通のカメラなら絶対撮ろうと思わない


問題点はまだまだある。3DSのネットブラウザの使いにくさとか、そもそも立体写真は見る側よりも撮る人が面白がってるだけじゃないかとか。

…けど、正直驚いています。元々自分はスーファミを最後に10年以上任天堂のゲーム機から離れていたし、ソニーやセガが好きなんですよ。(何がソニータイマーだ。壊れねえよ)
それが、たまたま中古で安かった3DSに面白い仕掛けがたっぷり詰まっていて当分飽きそうにない。
VITAを買えばまた違う楽しみ方が詰まってるんだろうけど、当分は据え置き機はPS3,携帯機は3DSでいこうと思う。
関連記事

コメント


トラックバック

↑