このゲームを3点と評価したファミ通は凄い!3DS「パズルボトル」!


今日遊んだゲームは3DSダウンロードソフト「パズルボトル」です…。
低価格高品質作品だらけハズレなし粒ぞろいみんな笑顔の3DSDLパズルゲーム界で、今になってこんな異様なゲームが出てきたのは本当にすげえ。




色付きのパネルをタッチすると、下に落ちて絵が完成していくというゲームで、ニンテンドーDS時代にちょっと流行った「持ち方を変えて遊ぶ」スタイルになっている。

プレイヤーは3DSを上下逆に持つ。
本来は下画面をタッチして上画面が立体的に見えるんだけど、本作では上画面をタッチして水槽を模した3Dの下画面にぽちゃんと落とす。たぶん…
「色を落として水槽の中に絵が完成していく」
という素敵なイメージが最初にあって、それを実現させるために、「下画面をタッチして打ち上げる」のではダメと判断したのだろう。
奇をてらったわけではない。イメージしたものを作るためにあえて3DS逆持ちを強要させたクリエイティブ・マインドを受け取ってほしい。

ゲームとしては土台の部分から崩壊寸前。

下画面と同じ色を上から見つけてタッチするルールなのに、上下の画面で色が違って表示されている。
赤と茶色がほとんど同じ色に見える。
DSCF2418 (640x480) (450x420)


テトリスに例えるとこんな感じ。

teto-ris.png

「同じ色のパネルを揃えるゲームで、同じはずの色が違って見える」
どう考えてもそれはちょっと…、と思うんだけど、パズルボトルの特徴としてもうひとつ、BGMが良いというのがあって、最初のプレイではなんだかおしゃれでいいゲームに見えてしまう。
下画面だけが横にスクロールしていくんだけど、「スキップ」を押して早送りするとBGMも早送りになって可愛い。
ゲームとしてはっきり気持ちよくないのに、低評価をつけられるゲームから高確率で放たれている「買う前から何となく漂ってくるいやな感じ」がしないのは珍しい。

作品に点をつけて評価することに無理があると思うので読んではいないけど、このゲームはファミ通のレビューでずいぶん低得点をつけられたらしい。
外側はきれいだけど中からダメになっているオレンジを、堂々とかじって「こんなものは認めない」とみんなに見せたのなら、さすがプロのライターだ。
関連記事

コメント


トラックバック

↑