息抜けないし生き抜けないアサシンクリードクロニクル・チャイナ


ゴールデンウィークが忙しいので買ってみた2Dアサシンクリードを中盤くらいまで進めた。どんどん自分が追い込まれていく感じのゲームで、息抜きには全くなってない!

DSCF2443 (640x371)


2Dアクションならではの
「元気よく走って、壁をボーン!と破壊」
とかそういうのはなくて、敵の行動パターンとステージを理解して、完璧なプレイに近づけていくようなストイックなゲーム。
主人公の女アサシンだって、ひたひた歩くからね!
ファミコンマリオの時代から、横スクロールアクションの主人公はシャキシャキ動くのが当たり前で、
「普通に横に歩かせてもわりと駆け足」
になるように教育されてからゲームに出演しているのが多いのに、アサシンはひたひた歩くの!
体育の前の準備体操を本気でやるの恥ずかしがってやる気なさそうに装うタイプか!

DSCF2446 (640x334)

敵の行動パターンは完全に解説があるので、
ここに隠れて、ここで敵の注意をひいて、ここで道具を使って…と一歩ずつ進めていくのは、完璧プレイを求めるのが快感になるプレイヤーにはたまらないと思うけど、息抜きには向いてない!
普段の生活に緊張感がなくて、ジリジリ追い込まれたい人向け。それにしてもL2でしゃがんでR2で走るのに慣れずに、いまだに敵に見つかりそうになる瞬間にしゃがんだりするのが悲しい。
関連記事

コメント


トラックバック

↑