アサシンクリードクロニクルズ・チャイナを購入。


人気ステルスアクション「アサシンクリード」の外伝だと思う2Dアクションを購入。1500円。
このシリーズは2作目に少し触れて、操作になれずにすぐやめてしまった。周囲の評価も高いし、これが楽しめないのはゲームじゃなくて自分の責任だ、またテンションの高いときにやろう…

と思ってから早3年ぐらい経つか?
今回は2Dアクションだというので自分にもできるかもしれん、と再挑戦。

横にふわ~っと飛ぶジャンプと、Lで準備してRで使うアイテム。
敵の攻撃にはタイミング良く方向を相手側に倒しながらマルで防いで、直後にバツで背後に回ってフィニッシュは三角ボタン。
操作の独特な感じもそのまんまだった。

力押しのほぼきかない非力さで、口笛や、相手の行動範囲を表示する「タカの目」でかいくぐって進んでいく。
これ…前に配信された、地獄翻訳の「エイブ」にちょっと似てるな。
とりあえず感覚が馴染むまでやろう。

3DSのダビスタの体験版もさわってみたけど、これは興味の無かった人を振り向かせるには厳しいかな…
関連記事

コメント


トラックバック

↑