草むしりを命じられました。

雨上がりで柔らかくなった地面!
アスファルトの裂け目から顔を出すドクダミ!
雑草駆除を命じられました。

「まさに雑用だな」と思って最初は面倒だったけど、快適な気温でやってれば草抜きって、子供のころを思い出してだんだん無心になって楽しくなってきた。
タンポポとかアマガエルとか、いかにも春らしい光景も何年ぶりかに見ました。

ただ、僕は草ひとつない地面をあまり美しいと思わないので、草むしりには向いてない。
アスファルト一色の駐車場と、脇にタンポポが咲いてる駐車場だったら後者のほうが良くないですか?自分だけ?

途中でタンポポの綿毛をみつけたんで、ついついふーっと息を吹きかけたら、意外とまだしっかり種子が育ってなくて、息を吹きかけたのに全く綿毛が飛ばなかった。
これが子供ならともかく、こっそりやろうとしたのが恥ずかしかったなあ。
ジョギング中の人に見つかったら、タンポポおじさんとして近所で噂になるところだった。


4月は環境の変化で忙しくなっているけど、本もゲームもいい出会いに恵まれてます。紹介記事を書こうとすると眠りに落ちるか、次の作品に手を出してしまう。
たまには読者を引かせるぐらいの勢いで、好きなものを好きだと叫びたい。

今注目しているゲームはこれです。独裁国家を作るゲーム。


あとは3DSのDLソフトをいくつか買うよ!

書店で目を引いたのはこの、ニホンザルの伝記。

関連記事

コメント


トラックバック

↑