電子ドラッグ的ゲーム「スターストライク ウルトラ」感想


PS4用新作ダウンロードゲーム、スターストライクウルトラをクリア!
個人的にも大ファンの「レゾガン」スタッフによる新作で、球形ステージの全方位シューティングだ。
DSCF2360 (640x362)
円筒形ステージでこれまでにない快感を提供してくれたレゾガン
DSCF2361 (640x356)

とにかくカオスなスターストライク

左スティックで自機を動かして、右スティックを倒した方向に攻撃する。
LRボタンで、岩、火、氷の武器を切り替えて使える。
アイテムを取ったり、武器切り替えをするたびにコントローラから女性ボイスが出る。
また、BGMもオーケストラ調やレトロ調に切り替えることができるが基本的にやかましく、画面上には無数の敵やアイテムが乱舞している、PS4屈指の騒々しいゲームだ。

DSCF2363 (640x376)

敵は基本的に「岩っぽいかたまり」で、攻撃を当てると、アイスピックで細かく砕けていくように粉々になっていく。
この粉々具合は昔のハードでは表現できない魅力なんだけど、プレイ動画を配信しても画質が悪いと、たぶん何がなにやらわからない。

シューティングゲームはちまちましたテクニックが重視されているように見えて、意外と知的な側面があったり、この場面はこうやって突破するのか!といった観察が必要なんだけど、スターストライクは爆音とフラッシュを浴びながらバリバリジャカジャカと無心で敵を砕き続ける、電子ドラッグ的な魅力がある。
合法シューティング。(あえて合法と付けると危険な香りがしてくる言葉)

ただ、正直に言うと、

DSCF2362 (640x371)

凄いのはわかったけど、さすがに何がなんだかわかんねえよ!
右側の粒粒が全部、敵ボス一体を破壊した破片。
あと、岩に混じって突っ込んでくるミサイル見えづらすぎ!

まだ数時間のプレイだし、目が慣れてきてスコアアタックの楽しさがわかってくれば感想も変わってくるだろうけど、どちらかひとつ薦めるとしたらレゾガンの革新性を押したい。
ただ、「最新のゲーム機でシューティングなんかやる意味あるの?」
と言ってきた人を黙らせるぐらいの迫力はあるので、これはこれで悪いわけじゃない。
関連記事

コメント


トラックバック

↑