もう任天堂には踊らされんぞ!と言ったそばからサンバカーニバル。

NEW3DS用きせかえプレートを買ってきました!
暗闇で光るという話を聞いて気になっていた「テレサ」で。これ初めて光ってるのに気付いた人は嬉しかっただろうな。

無印良品で置いてそうな3DSに、テレサが取りつくとこんな感じになりました。

DSCF2135 (500x375)

DSCF2138 (640x498)


公式サイトで試せるのと実際に付けてみるのとでは全然違って、
だいたいの場合片面しか見えないのでキャラクターものより単純な模様の方がきれいに見えるんじゃないかとか、
持っていて滑るほどじゃないけどちょっとすべすべしているとか、
ドライバーで取り換えるのは面倒だと思っていたけど実際は簡単なプラモデルみたいで楽しいとか。
これはどんどん集めたくなるものが出てきたなあ…!
光るゲーム機というのは初めてだけど、だんだん見ているうちに愛着もわいてきた。
うっかり夜踏んで壊す危険もなくなるし。

CMに出ているきゃりーぱみゅぱみゅもでっかいテレサのピアスを付けてるんですよ。
20年もマリオの敵役だった割にはマリオ臭さに染まってない、テレサのデザインの良さが見直されている気がする。

メニュー画面をカスタマイズする「テーマ」もひとつ200円ぐらいで売られていて、3DSの外側と内側を統一したデザインにしたりできるんだけど、これもラインナップが揃ってきた。
ゲームを買って、さらにゲームの中で「追加要素は何円です」と言われると、しょうがないこととはいえ良い気はしなかったけど、テーマを売ることで、プレイヤーはゲーム中には余計なことを考えず、メーカーさんも新たな収入源になる。


新作の「レジェンドオブレガシー」は、製作者の意向で
「ゲーム中の課金要素は、現実世界に引き戻されるからやりたくない」
そうですが、テーマは売っているんです。
課金してオマケを買うという点では同じでも、売り場を違うところに設置するだけでずいぶん印象が良くなる。

そのかわり、課金前提のゲームでは「しっかり金取りますよ」と宣言してガッチリ取っていく。
任天堂が課金制度で試行錯誤しながら、だんだんみんなが納得できる方法にたどりつきつつあるような気がするのです。



プレステはどうなるのか…実はもう何度も
「発売日に買った!」からすぐ「無料で配信します」のコンボをくらってます。

そのとき欲しくなったものに金を出してるんだから、あとで値引きされてるのを見て文句つけるようなバーゲンのあつかましいおばはんみたいなことは言わない。
ただ、前ほどゲームを買う気はしなくなってる。



関連記事

コメント


トラックバック

↑