ポンコツカーとマボロシ少年

こんばんは。最近聴いている音楽は「イヤホンで聞くと耳の中に水が入ってくる音」の人です。



有り金はたいて「人に見せるとちょっと笑われるレベルのポンコツカー」から「普通の軽自動車」に買い替えることが決まりました。

なので、4年間毎日のように乗った車を、廃車にする前に思い切り走らせてやろうと思って、近所をドライブしようとしたところ、全く人気のない道の物影から急に小学校低学年ぐらいの子供が全力ダッシュで跳びだしてきて、すぐ横を駆け抜けて行った。

その瞬間は何とも思わなかったけど、あとからジワジワ怖くなってきた。
もし、せっかくだからガソリン全部使い切ってやるぜー!ってテンションだったら、最後の日に人身事故って最悪の事態になってたかも…。
周りにも大人の姿や遊び友達も見えなかったし、マボロシみたいな子供だった。どこからどこへ走って行ったんだろう。
「次の車はカーナビとやらがあるらしいが、前方に集中するんだぞ!」
ということを警告してくれる妖怪的な少年だったのかもしれない。
(まあ本当は、体育のこと考えてたら急に走りたくなったアホな子だった可能性も大きいけど)

あと、今回の買い物で一文無しになって正月をきれいな身で迎える予定だったけど、郵便貯金とかも全部整理してかき集めたら、さすがに一文無しにはならなかったので安心してます。この勢いでNEW3DSとか服とか本とか買っちゃおう。
「お前、2パターンぐらいの服を延々ローテーションしてるな」って言われたし。

あ、ゲームでは
クリスマスプレゼントの候補になることはないが作家性が強くて面白いプレイステーション4ダウンロードソフト「ネバーアローン」を買いました。1500円。
こんなゲームです
関連記事

コメント


トラックバック

↑